美容 求人 医師 求人 萌通新聞 キョン「何かおかしい」 その9
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(-)

キョン「何かおかしい」 その9

449 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 02:24:12.31 ID:RAN6GD4B0
うろ覚えだよ溜息編


キョン「重要な話があるんだ」

ハルヒ「何よ」

キョン「好きだ」

ハルヒ「あの夢(※うろ覚えだよ憂鬱編参照)って本当だったの?」

キョン「本当だ」

ハルヒ「そうなの」

キョン「好きだ」

ハルヒ「さっき聞いたわよ」


450 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 02:28:37.58 ID:RAN6GD4B0
ハルヒ「一回しか言わないからよく聞きなさいよ」

キョン「分かった」

ハルヒ「あ、あたしも」

キョン「結婚しよう」

ハルヒ「結婚!?あんた気が早すぎるわよ」

キョン「お前が好きなんだ!」

ハルヒ「う、うぅ…」

キョン「どうなんだ」



451 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 02:30:55.55 ID:RAN6GD4B0
ハルヒ「そ、そ、卒業したらね!」

キョン「よし。約束だぞ」

ハルヒ「ふん!」

キョン「あ、そうだ」

ハルヒ「何?やっぱ取り消しとか言うんじゃないでしょうね?」

キョン「言うわけないだろマイハニー」

ハルヒ「それは気持ち悪いわ」

キョン「ひどい」




452 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 02:34:35.14 ID:RAN6GD4B0
ハルヒ「で、何なの?」

キョン「聞いて喜べ。長門は宇宙人、朝比奈さんは未来人、古泉は超能力者なんだ」

ハルヒ「ふざけんなっ!」

キョン「ごめんなさい」

ハルヒ「あたしこそいきなり怒鳴ってごめん」

キョン「でも本当なんだぞ」

ハルヒ「あっそ」


キョン「こういうやり取りが半年前にあったのである」




453 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 02:43:36.95 ID:RAN6GD4B0
キョン「運動会があったけど一つの話として書かれてないのでスルー」

ハルヒ「アンケートなんてバカみたい」

キョン「何の話だ?」

ハルヒ「文化祭の話でしょ」

キョン「ああ、そうだったな」

ハルヒ「SOS団はもっと楽しいことをするわよ!」

キョン「映画撮影とか?」

ハルヒ「いいわね、決定!」




457 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 03:39:06.69 ID:RAN6GD4B0
ハルヒ「色々考えてきたわ!」

・製作……SOS団
・監督とか脚本とかその辺……涼宮ハルヒ
・主人公……朝比奈みくる
・ヒロイン……古泉一樹
・ライバル……長門有希
・撮影とかその他……キョン

みくる「あた、あたしが主人公なんですかぁ?」

ハルヒ「そうよ!」

みくる「そんなの無理ですよぉ」

ハルヒ「有希に狙われる古泉くんを守るの!」

みくる「頑張ります」




458 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 03:42:52.65 ID:RAN6GD4B0
キョン「俺は何役なんだ?」

ハルヒ「雑用。書いてあるでしょ」

キョン「雑用とは書いてな…」

ハルヒ「ビデオカメラの調達に行きましょう!」

キョン「スポンサーになってもらうのか?」

ハルヒ「そうよ!それでビデオカメラをもらうの」

キョン「さすがだなハルヒ」

ハルヒ「まぁね」




459 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 03:46:19.90 ID:RAN6GD4B0
キョン「ビデオカメラや武器をもらい、俺は自分の家に持って帰った」

キョン「次の日、谷口が話しかけてきたが面倒だったので無視した」

キョン「放課後になったのでSOS団の部室へ行く」

コンコン

ハルヒ「どーぞ!」

キョン「ウェイトレスさん、お茶を一つ」

みくる「はぁい」

ハルヒ「どう?ウェイトレス姿のみくすちゃん、可愛いでしょ?」

キョン「お前が一番可愛いよ」

ハルヒ「バカキョン////」




460 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 03:49:18.64 ID:RAN6GD4B0
古泉「おや。これはこれは。可愛すぎますね朝比奈さん」

みくる「似合ってるかな…?」

古泉「それはもう。似合いすぎて頭がどうにかなりそうです」

みくる「もう、褒めすぎですよぉ☆」

古泉「ははは」

長門「………」

古泉「うわ、びっくりした」

キョン「どうしたんだ、その格好」


×古泉「それはもう。似合いすぎて頭がどうにかなりそうです」
○古泉「それはもう。似合いすぎてて頭がどうにかなりそうです」




461 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 03:52:03.36 ID:RAN6GD4B0
後>>459のみくすちゃんはみくるちゃんの間違い


長門「占い」

キョン「そうか」

古泉「よくお似合いですよ」

長門「ぽっ」

みくる「む…」

ハルヒ「有希、それよそれ!みくるちゃんのジェラシーも!」




462 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 03:53:34.64 ID:Pu19iB0/0
占いぽっ長門シュッシュ



463 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 04:00:57.10 ID:RAN6GD4B0
キョン「何のことだ?」

ハルヒ「これよ!」

『戦うウェイトレス 朝比奈ミクルの冒険(仮)』
☆登場人物
・朝比奈ミクル……戦うウェイトレスな未来人
・古泉イツキ……超能力少年だけど無自覚だからほとんどただの少年
・長門ユキ……悪い宇宙人
・エキストラ……その辺の人

みくる「なんでわたしが未来人だと知ってるんですか?」

ハルヒ「キョンから聞いた」

古泉「何してくれてるんですか、あなたは」

キョン「何か問題が?」

古泉「いえ、別にないですけど」




464 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 04:05:13.65 ID:RAN6GD4B0
キョン「次の日。谷口が弁当の時間につまんねえとか話してたが無視した」

ハルヒ「商店街へ行ってCM撮影ね」

みくる「こ、ここのお店はなんとかかんとか」

ハルヒ「はい、カット」

古泉「頑張って下さい、朝比奈さん!」

みくる「えへへ、頑張りますぅ」

ハルヒ「なんか雰囲気出ないわね。バニーに着替えましょう」

キョン「お前も着替えるのか?」

ハルヒ「あたしは監督だから着替えないわよ」

キョン「なんだ、つまらん」




465 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 04:07:41.84 ID:RAN6GD4B0
ハルヒ「バニー、好きなの?」

キョン「特別好きではないけど、嫌いな男はいないだろ」

ハルヒ「ふーん。どうでもいいけど」

キョン「とか言って、俺が好きと言ってたら着替えてたんだろ?」

ハルヒ「うん」

キョン「好きだ!」

ハルヒ「嘘よ、嘘」

キョン「お前が好きなんだ」

ハルヒ「も、もう////」




466 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 04:10:22.56 ID:RAN6GD4B0
キョン「朝比奈さんはバニーに着替えてCMを2本撮った」

ハルヒ「みくるちゃん、これ撃って」

みくる「うひょええええ」

古泉「気をつけて下さい、朝比奈さん!」

長門「………」

キョン「ずっとプラカード掲げて、疲れないか?」

長門「平気。宇宙人だから」

キョン「そうか」

長門「そう」




467 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 04:13:26.97 ID:RAN6GD4B0
キョン「次の日。なんか大変な事が起こるらしい」

ハルヒ「今日はこの公園で撮影するのよ」

みくる「いい場所ですね」

古泉「今度二人で来ましょうか」

みくる「その時はお弁当作ってきますぅ☆」

古泉「楽しみですね☆」

ハルヒ「はい、みくるちゃん!着替えて、それからこれつけて」

みくる「分かりましたぁ」




469 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 04:17:31.08 ID:RAN6GD4B0
ハルヒ「この青い目にはね、秘密があるの!」

キョン「そうかー凄いなぁ、ハルヒは」

ハルヒ「当たり前じゃない」

キョン「今日は何撮るんだ」

ハルヒ「みくるちゃんと有希の戦闘シーンよ!」

スススッ

長門「………」

キョン「カメラ前に移動するのが早いぞ長門」

長門「ピース」

キョン「いいねぇその角度!目線こっち!そうそう!」




470 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 04:21:07.51 ID:RAN6GD4B0
古泉「カラーコンタクト、痛くないですか?」

みくる「全然平気ですぅ」

ハルヒ「撮るわよ!みくるちゃん、このエアガンを有希に向かって撃ちなさい!」

みくる「えっ…でもこれ人を撃っちゃダメなんじゃ…」

ハルヒ「大丈夫よ。みくるちゃんの腕じゃ当たらないわ」

みくる「でもぉ…」

ハルヒ「有希、いざとなったら宇宙人のパワーで何とか出来るわよね?」

長門「余裕」

みくる「なら安心ですね」




471 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 04:27:40.71 ID:RAN6GD4B0
キョン「しょぼい戦闘シーンを撮り終え、休憩」

ハルヒ「休憩終了!鳩を背景にみくるちゃんを撮るの!」

ハルヒ「出来れば白い鳩がいいけど、この際目を瞑るわ」

キョン「よく覚えてないから飛ばす。そしてまた戦闘シーン」

ハルヒ「みくるちゃん、ビーム出して」

みくる「無理ですぅ」

ハルヒ「その青い目には凄い力が秘められてるって設定なのよ」

古泉「見事な厨二設定ですね」

キョン「ハルヒを馬鹿にしたな!」

古泉「うぐっ、静まれ、彼の右手…!」




472 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 04:29:32.63 ID:Pu19iB0/0
ピースが似合う長門シュッシュ



473 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 04:31:48.92 ID:RAN6GD4B0
ハルヒ「ミクルビームっ!て叫びながら手をこうするの」

みくる「ここ、こうですか?」

ハルヒ「右目は閉じてね」

みくる「ひゃあい」

ハルヒ「じゃあ、言ってみて」

みくる「ミクルビームっ!」

ジュッ

キョン「あ?目の前が真っ暗だぞ。あれ?長門?」

長門「………」

キョン「レンズを隠したら撮れないだろ。どけなさい」




474 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 04:36:54.28 ID:RAN6GD4B0
ハルヒ「あれ?有希、いつの間にそんな所に?瞬間移動?」

長門「そう」

ハルヒ「凄いわね」

みくる「えっ?えぇ?こ、古泉くぅん…」

プシュッ

古泉「レフ板が切断されました」

キョン「見りゃ分かる」

古泉「もう少しズレていたら僕が死んでいましたね」

みくる「し!?死んじゃらめええええ」

ビシュッ

古泉「あぶねっ」




479 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 05:03:28.09 ID:RAN6GD4B0
キョン「長門、なんとかしてくれ。古泉が死ぬ」

長門「分かった」

ガシッ

みくる「あぎゃ!ななな、長門さ…」

古泉「乱暴な真似はやめて下さい!」

長門「邪魔」

古泉「すみません」

長門「終わった」

みくる「ひえぇ……」




480 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 05:09:07.26 ID:RAN6GD4B0
長門「これ」

キョン「コンタクトレンズだな」

長門「レーザー」

キョン「そうなのか」

古泉「怖いですね」

長門「右手に穴が開いた」

キョン「げっ、痛そうだな。大丈夫なのか?」

長門「修正する」

古泉「傷が塞がりました。関心しますね」

長門「そう」




481 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 05:13:46.09 ID:RAN6GD4B0
古泉「朝比奈さん、大丈夫ですか?」

みくる「怖かったぁ…」

古泉「あなたの目からビームが出ていたのですよ」

みくる「ほ、本当ですかぁ?うひょぁ…」

古泉「ミクルビームは僕のハートを狙い撃ちでしたけどね」

みくる「古泉くんったらぁ☆えいっ☆」

古泉「ははは」




482 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 05:19:17.92 ID:RAN6GD4B0
キョン「鶴屋さんとか谷口も合流して色々撮ったけどいまいち覚えてないので省略」

キョン「そして俺達は鶴屋さんの家に来た」

ハルヒ「古泉くんはみくるちゃんをお姫様抱っこして運んでくるの!」

古泉「分かりました」

ハルヒ「そんで、そこの布団に寝かせるのよ!」

古泉「分かりました」

みくる「はれ?ほほはろこれすひゃ??」

古泉「僕の部屋です」

みくる「ありやとーございまひゅ」




483 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 05:23:18.68 ID:RAN6GD4B0
ハルヒ「そこで起き上がったみくるちゃんを押し倒してキスしちゃって」

古泉「喜んで」

みくる「こんなろころれ…恥ずかひいれすよぉっ☆」

キョン「ちょっと待てハルヒ。朝比奈さんの様子がおかしくないか?」

ハルヒ「そうかしら?いつも通りだと思うけど」

キョン「それもそうか」

鶴屋さん「うひーっ!みくる、おかしー!ひひひ、あっはははははあっひょあはあ!」

キョン「何かしたんですか?」

鶴屋さん「みくるのジュースにテキーラ混ぜたら面白いってハルにゃんが」




484 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 05:29:45.03 ID:RAN6GD4B0
古泉「朝比奈さんに何て事を!」

ハルヒ「色っぽくていい感じでしょ?」

古泉「それはもう」

みくる「はれ?ちゅーしないんれすかぁ?」

ハルヒ「ぶちゅっといっちゃいなさい」

古泉「うーん、よく考えたら皆さんの前ですし…」

ハルヒ「いいじゃないの!やっちゃいなさい」

キョン「やりすぎだバカ」

ハルヒ「なによ、止めないでよ」




485 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 05:38:41.22 ID:RAN6GD4B0
ハルヒ「みくるちゃんはあたしのオモチャなの!」

キョン「……っ!ハルヒ!」

ぽかっ

ハルヒ「いたっ」

キョン「人を物みたいに言うんじゃありません」

ハルヒ「何よ!キョンのバカ!もう知らない!」

キョン「拗ねたハルヒも可愛いな」

鶴屋さん「ごめんキョンくん。悪ふざけがすぎたねっ!」

キョン「俺はかまいませんよ」

鶴屋さん「そうかいっ!」




486 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 05:42:42.64 ID:RAN6GD4B0
古泉「ちょっと一緒に行って欲しいところがあるんですけど」

キョン「いいけど」

古泉「タクシーに乗っていきましょう」

キョン「古泉がぐだぐだと何かを喋ってたら神社についた」

古泉「見てください。鳩が真っ白です」

キョン「ハルヒの力か?さすがは俺の嫁(予定)だな」

古泉「そうですね。では帰りましょう。また明日」

キョン「連れて来たんなら乗せてけよ」

古泉「しょうがないですね。乗ってください」

キョン「どうも」




488 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 05:46:26.24 ID:RAN6GD4B0
キョン「次の日。俺の教室の前に古泉が立っていた」

古泉「おはようございます」

キョン「何か用か」

古泉「見てください。朝比奈さんの手作りお弁当です」

キョン「そうか、良かったな」

古泉「はい。涼宮さんは閉鎖空間を出さずに反省しているみたいですよ」

キョン「可愛い」

古泉「では、九組に戻ります」

キョン「ああ」




489 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/23(木) 05:48:13.81 ID:Z/8WJvAV0
自慢しにきたのかw



490 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 05:53:37.60 ID:RAN6GD4B0
キョン「昼。谷口が愚痴ってたが無視した」

バタンッ

キョン「ハルヒ!急いで弁当を食って急いで部室へ俺がやってきたぞ!」

ハルヒ「あっそ」

キョン「そのポニーテールは俺の為か?」

ハルヒ「それ以外にあると思うわけ?」

キョン「この映画は絶対成功させよう」

ハルヒ「当然よ。あたしが監督するんだからね」

キョン「約束は成功されてるな」

ハルヒ「そうよ。昨日はごめんねキョン」

キョン「俺こそ殴ってすまなかった。結婚しよう」

ハルヒ「卒業したらね」


×キョン「約束は成功されてるな」
○キョン「成功は約束されてるな」




491 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 06:01:51.92 ID:RAN6GD4B0
キョン「その後、桜が咲いたり猫が喋ったりしたが大して重要じゃないだろ。なので省略」

鶴屋さん「キョンくんっ!」

みくる「これ、割引券です。どうぞ」

キョン「どうも」

鶴屋さん「あたしは去るよっ!じゃね!」

みくる「古泉くんのことはあまり信用しない方が…あたしはしてますけど」

キョン「ハルヒが神様とかいう話ですか?」

みくる「あたしは、その、別の考えを持ってるんです。長門さんもたぶんそう」

キョン「へー」

みくる「古泉くんのことを、そのぅ…あんまり信用しないで…と言ったら御幣があるけど、でも…」

みくる「あたしは古泉くんの事が好きです」

キョン「そうですか」




492 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 06:05:18.37 ID:RAN6GD4B0
キョン「分かってますよ。ハルヒが神様なわけないじゃないですか」

キョン「ハルヒは俺にとっての女神ですよ」

みくる「そうですか。では、さよなら?」


キョン「よぉ長門」

長門「わたしの言葉が真実であるという保証もない」

キョン「いきなりどうした」

長門「別に」

キョン「そうか」




493 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 06:12:21.73 ID:RAN6GD4B0
キョン「その夜、古泉が家に来た」

古泉「やぁ、こんばんは」

キョン「何なんだお前は」

古泉「朝比奈さんがウッカリ者を演じていて、本心は別にあるとしたらどうですか?」

キョン「知るか」

古泉「そんな朝比奈さんも、可愛いですよね」

キョン「そうだな」

古泉「それでは、また」

キョン「おう」




494 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 06:15:24.90 ID:RAN6GD4B0
キョン「全て撮り終わり、編集作業をする事になった」

ハルヒ「徹夜ですれば間に合うわよね」

キョン「泊まり込んでやれって言うのか?」

ハルヒ「あたしも手伝うから」

キョン「手と手を取り合って一緒に頑張ろう」

ハルヒ「はいはい。さっさとやる!」

キョン「分かりました」




495 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/23(木) 06:18:34.93 ID:RAN6GD4B0
キョン「なんとか間に合った」

ハルヒ「へー!まあまあじゃない?ちょっと物足りないけど」

ハルヒ「あんたにしては上出来ね!やればできるじゃない、キョン!」

キョン「お前が居てくれたからさ、ハルヒ」

ハルヒ「キモイ」

キョン「このナレーション読んでくれ」

ハルヒ「この物語はフィクションでありなんとかこうとか」

キョン「よし完成だな」


うろ覚えだよ溜息編
終わり



その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10(終わり)


[ 2009/07/28 14:28 ] SS 涼宮ハルヒの憂鬱 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(0)

コメントいっぱい書き込んで










管理者にだけ表示を許可する



● みことちゃん を救う会からのお知らせ ●
御坂美琴
みことちゃんは生まれつき帯電体質で
一定期間毎にレールガンを発射しなければ、弱ってしまいます。

レールガンを発射させるには、本人以外の第三者からの
莫大な応援エネルギーがかかります 

みことちゃんを救うために
アニメランキングのクリックや
コメントの書き込みが必要です

どうか読者の皆様ご協力をよろしくお願いします









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。