美容 求人 医師 求人 萌通新聞 キョン「何かおかしい」 その8
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(-)

キョン「何かおかしい」 その8

368 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 18:24:42.62 ID:QCzKdUl/0
朝比奈みくる(大)の冒険編


チンポーン

キョン「新聞ならお断りです」

みくる大「わたしです」

キョン「誰でしょう?」

みくる大「わたしですよ。入れて下さい」

キョン「名前を言ってくれないと分かりません」

みくる大「本気で言ってるんですか?」

キョン「こんな事で本気になると思ってるんですか?」

みくる大「思ってないです」


369 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/22(水) 18:26:46.57 ID:OgrWtkND0

おい
チャイムおい




370 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 18:26:50.29 ID:QCzKdUl/0
キョン「で、誰なんでしょうか」

みくる大「朝比奈みくる(大)です」

キョン「ああ、特盛さんか。どうしました?」

みくる大「お話があるんです。お家に入れてくれませんか」

キョン「しょうがないですね」

ガチャ

キョン「どうぞ」

みくる大「どうも」




371 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 18:29:22.03 ID:QCzKdUl/0
キョン妹「あれぇ??みくるちゃん大人になったねぇ?」

みくる大「未来から来たんです」

キョン妹「凄いねぇ?」

みくる大「信じてないですね?本当ですよ」

キョン妹「うんうん。すごぉ?い」

みくる大「馬鹿にしてる?」

キョン「あの、まだ小学生なんで」

みくる大「てへ、ちょっとムキになっちゃいました」

キョン「そうですか」




372 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 18:45:07.58 ID:QCzKdUl/0
みくる大「今日ここに泊めてくれませんか?」

キョン「え?」

みくる大「泊めて下さい」

キョン「なんでですか?」

みくる大「古泉くんに追い出されました」

キョン「なんでですか?」

みくる大「いい加減にしなさいって」

キョン「回想して下さい」

みくる大「オッケー」




373 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 18:46:15.41 ID:miix5lbZ0
おかしおいしい



374 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 18:53:05.27 ID:QCzKdUl/0
みくる「今日のご飯もおいしかったですね☆」

古泉「あなたが作った料理はどれも美味しいですよ」

みくる「うふふ☆」

みくる大「明日は肉じゃがにしてね」

古泉「あなたも片付けるの手伝って下さいよ」

みくる大「やだよぅ」

みくる「ひゃわっ」

ガシャーン




375 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 18:55:04.00 ID:V6x3XUru0

何が可笑しい!



378 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 19:21:30.54 ID:S3qU6qKQ0

チンポーン・・・



380 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 19:35:19.32 ID:QCzKdUl/0
古泉「大丈夫ですか?朝比奈さん」

みくる「ああ、古泉くんのコップがぁ」

古泉「気にしないで下さい。また買ってきますから」

みくる大「そうよ、気にしなくていいわ」

みくる「ごめんなさい…」

古泉「片付けは僕がしますので。触らないで下さいね」

みくる「で、でもぉ」

みくる大「こういうのは男の人に任せればいいのよ、わたし」




381 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 19:42:07.90 ID:QCzKdUl/0
古泉「あの」

みくる「は、はい」

古泉「いえ、朝比奈さんではなく」

みくる大「わたし?」

古泉「そうです。確認なのですが」

みくる大「なに?」

古泉「全てにおいて、手伝う気は全くないのですね?」

みくる大「当たり前です」

古泉「分かりました」




382 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 19:44:19.55 ID:QCzKdUl/0
みくる大「わ!ちょっと、襟が伸びる」

みくる「猫さんみたいですぅ」

ぽいっ

みくる大「何するの?」

古泉「追い出しです」

みくる大「何でそんな事するんですか?」

古泉「分からないのですか?」

みくる大「全然」

古泉「ダメだこいつ…」




383 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 19:48:15.32 ID:QCzKdUl/0
みくる「お、お二人共落ち着いてぇ」

みくる大「小さいわたしがこう言ってるのよ!」

古泉「いい加減にしなさい!」

みくる大「あれ?本気で怒ってる?」

古泉「どちらかと言うと本気ですね」

みくる大「あらら」

古泉「しばらく反省してて下さい」

みくる大「中に入れてぇ」

古泉「入れません」

バタン




386 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 20:10:35.46 ID:QCzKdUl/0
みくる大「こんな感じですかね」

キョン「あなたが悪いんじゃないですか?」

みくる大「やだ、キョンくんまでそんな事言うの?」

キョン「言いますよ」

みくる大「そうですか」

キョン「それで泊めて欲しいですか?」

みくる大「野宿しろって言うの!?」

キョン「言ってません」

みくる大「そうですか」




387 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 20:12:28.52 ID:QCzKdUl/0
キョン「泊めたらハルヒが怒るので」

みくる大「秘密にすればいいじゃない」

キョン「あいつは鋭い奴ですから」

みくる大「それはそうですけど」

キョン「閉鎖空間が発生したら古泉が更に怒りますよ」

みくる大「その事をすっかり忘れていました」

キョン「俺も忘れていました」

みくる大「じゃあいいじゃないですか」




389 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 20:15:36.26 ID:QCzKdUl/0
キョン「ちょっと聞いてみます」

パピプペポ

キョン「もしもしハルヒ?」

ハルヒ「キョン?何か用?」

キョン「未来からきた朝比奈さんが俺の家に泊めろと言ってるのだが」

ハルヒ「浮気者」

キョン「いや、まだ泊めてない」

ハルヒ「あっそ」

キョン「泊めていいか?」

ハルヒ「ダメに決まってるでしょ、バカ!」

ブツッ




390 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 20:18:31.55 ID:QCzKdUl/0
キョン「というわけでダメです」

みくる大「現実は意外と厳しい」

キョン「長門のところにでも行ってみてはどうです?」

みくる大「やだ。長門さん苦手」

キョン「わがままな人だな」

みくる大「イラついてる?」

キョン「若干ね」

みくる大「みんな冷たいです」




391 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 20:21:50.40 ID:QCzKdUl/0
キョン「古泉は大変だな」

みくる大「いいじゃない。小さいわたしと同棲してるんだから」

キョン「確かに。美人2人に囲まれて暮らしている古泉が憎い」

みくる大「その調子よキョンくん」

キョン「朝比奈さん(大)、俺をあなた側へ付けさせようとしてますね?」

みくる大「もちろんです」

キョン「腹黒いな。実に腹黒い」

みくる大「ギャップ萌えを狙ってます」




393 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 20:29:42.03 ID:QCzKdUl/0

チンポコー

キョン妹「キョンくーん、古泉くんが来てるよぉ」

キョン「朝比奈さん(大)を迎えに来たんじゃないですか?玄関に行きましょう」

みくる大「え?、怖い?」

キョン「早くして下さいよ」

みくる大「分かりました」




395 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/22(水) 20:32:14.83 ID:0XnET+GG0

おい、チャイム悪化してるぞ




399 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 21:22:28.49 ID:LaGkTJtG0
チャイムで一分ぐらい笑えた

400 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 21:26:19.12 ID:QCzKdUl/0
ガチャ

古泉「どうも。夜分遅くに申し訳ありません」

キョン「別にいいけど」

古泉「朝比奈さん(大)がそちらにお邪魔しているのではないかと思いまして」

キョン「ああ、してるぞ」

古泉「やはりですか。ご迷惑をおかけしてしまいましたね、すみません」

みくる大「何よ、保護者面しちゃって!」

古泉「コップを買いに来たついでですよ。あなたを迎えに来たわけではありません」

キョン「おい、ツンデレは俺の属性だぞ」




401 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 21:29:08.92 ID:QCzKdUl/0
古泉「早く帰りますよ」

みくる大「何よ、わたしの事なんて放っておいて」

古泉「分かりました。では、さようなら」

みくる大「ちょ、置いていく気!?」

古泉「どっちなんだ」

みくる大「乙女心を分かってよ」

古泉「乙女と呼べる歳なのですか?」

みくる大「禁則事項です☆」

古泉「はい」




402 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 21:38:20.94 ID:QCzKdUl/0
みくる大「本当はわたしを迎えに来るのが一番の目的で、コップはついでだったんでしょ?」

古泉「いえ、一番の目的はコップですよ」

みくる大「素直じゃないんですから」

古泉「自分に都合のいいように考えるのが得意な方ですね」

キョン「実際はどうなんだ?」

古泉「朝比奈さんに迎えに行くよう言われたので来ました」

キョン「そうか」

古泉「少し怖かったです」




404 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 21:41:49.62 ID:QCzKdUl/0
キョン「朝比奈さん=朝比奈さん(大)だからな」

古泉「ここではもう別人扱いでもいい気がしますけどね」

キョン「まぁな」

みくる大「小腹が空きました。古泉くん、コンビニ寄ってもいい?」

古泉「帰るのですか?」

みくる大「うん」

古泉「いいですけど、お金は自分で出して下さいね」

みくる大「追い出されたからお金持ってきてないもん」

古泉「くそ…」




405 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 21:45:51.74 ID:QCzKdUl/0
キョン「じゃあな。頑張れよ」

古泉「はい。ありがとうございました」

みくる大「ばいばいキョンくん♪」


みくる大「あ゛ーさむっ!」

古泉「ちょっと、くっつかないで下さいってば」

みくる大「しょうがないじゃないですか。寒いんですから」

古泉「では、僕が着ているコートを貸すので離れて下さい」

みくる大「いやん、ありがと☆」

古泉「寒い」




406 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 21:50:31.20 ID:QCzKdUl/0
みくる大「おでん買ってもいい?」

古泉「は?ご飯食べたばかりでしょう」

みくる大「キョンくん家まで歩いたもの」

古泉「はあ…買いますよ買えばいいんでしょう」

みくる大「古泉きゅん大好き☆」

古泉「分かりましたから、早く選んでください」

みくる大「コンニャク」

古泉「意外とヘルシー」




407 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 21:53:32.42 ID:QCzKdUl/0
みくる大「何してるの?」

古泉「朝比奈さんにスイーツを買っていってあげるんです」

みくる大「スイーツ(笑)」

古泉「どれも美味しいそうで迷いますね」

みくる大「わたし、これ」

古泉「コンニャク食ってろ」

みくる大「食べますよ」

古泉「そうですね」




409 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 22:02:01.00 ID:QCzKdUl/0
古泉「結局あなたの分のスイーツまで買わされてしまいました」

みくる大「いいじゃない。小さいわたしの笑顔が見れるのよ」

古泉「priceless」

ポコチーン

みくる「はぁい。あ、おかえりなさい。古泉くん」

古泉「ただいまです」

みくる「大きなわたしも」

みくる大「ただいま!あー疲れた」

古泉「朝比奈さんにお土産があります」




411 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 22:04:23.32 ID:QCzKdUl/0
みくる「わぁ、おいしそう!」

古泉「たくさんありますよ」

みくる「ありがとう、古泉くん☆」

古泉「どういたしまして☆」

みくる大「お熱いね?むしゃむしゃ」

古泉「ベッドの上でコンニャク食うな!」

みくる大「こぼさないもん」

古泉「僕のコートが既に汚れているのはどういう事ですか?」




412 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 22:05:18.64 ID:LaGkTJtG0
なんかこの朝比奈新旧いいわぁ

413 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 22:07:25.45 ID:QCzKdUl/0
みくる「染みが出来ちゃいますぅ」

古泉「すみません、洗って頂けますか」

みくる「うふ。分かりましたぁ」

古泉「どうしたのですか?嬉しそうですね」

みくる「ううん。大きなわたしと居るときの古泉くん、楽しそうだから」

古泉「楽しくないですよ」

みくる「えぇ、ショックです…」

古泉「楽しいですよ」

みくる「良かったです☆」




414 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 22:11:43.76 ID:QCzKdUl/0
古泉「僕は二人きりの方がいいんですけどね」

みくる大「変な事を考えているのですね。いやらしい子」

古泉「そういう思考をお持ちのあなたが一番やらしいと思います」

みくる大「女というのはエロい事ばかり考えている生き物よ」

古泉「あなただけでしょう」

みくる大「わたしはこれっぽっちも考えていません」

古泉「ああそうですか良かったですね」

みくる大「投げやりだわ」




416 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 22:32:49.19 ID:QCzKdUl/0
古泉「スイーツも食べて、お風呂も入った事ですし、寝ましょうか」

みくる「そうですね」

古泉「ベッドからどいて下さい」

みくる大「たまにはわたしもベッドで寝たいです」

古泉「どいて下さい」

みくる大「足蹴にするなんてひどい!」

古泉「邪魔なんです。布団引いてあげてるんですからいいでしょう」

みくる「古泉くん、あんまり冷たくしないで下さい…」

古泉「すみませんでした」




417 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 22:36:33.23 ID:uDVW5GefO
いいなぁこの三人暮らし



418 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 22:38:44.62 ID:QCzKdUl/0
古泉「でも言っても聞かないのですよ、この人」

みくる「あ!いい事を思いつきました☆」

古泉「何でしょう?」

みくる「川の字で寝るのはどうですかぁ?」

古泉「え」

みくる大「賛成!!」

古泉「ちょっと」

みくる大「さすがはわたしね♪」(むぎゅむぎゅ)

みくる「苦しいですよぉ、大きいわたしぃ」

古泉「あの」




419 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/22(水) 22:44:45.36 ID:5IUakVn70
なんという裏山



420 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 22:44:55.47 ID:QCzKdUl/0
みくる大「Wでかぱいに挟まれた気分はどう?」

古泉「おっぱいは置いておいて、苦しいです」

みくる「こ、こ、古泉くん…腕に抱きついちゃってもいいですかっ」

古泉「どうぞ☆」

みくる「えへへ、嬉しい☆」

みくる大「わたしも☆」

古泉「ダメです」

みくる大「なんで背中向けるのよぅ」

古泉「いいから寝てください」




421 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 22:53:04.93 ID:QCzKdUl/0
みくる大「背中に抱きついちゃうからいいもん」

古泉「足を乗っけないで下さい、重いです」

みくる「ひょわぁ…こ、古泉くんに抱きしめられてますぅ」

古泉「すみません☆」

みくる「かまいません☆」

みくる大「さり気なく押さないで下さい、落ちちゃいます」

古泉「落ちて下さい」

みくる大「うおりゃ」

古泉「な、内臓が出る」




422 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 22:55:06.47 ID:QCzKdUl/0
みくる大「んじゃ、おやすみー」

みくる「zzz」

古泉「これから毎日こうなのでしょうか…身が持ちませんね」

こうして僕達は寝た


終わり

もうネタがない



その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10(終わり)


[ 2009/07/28 14:11 ] SS 涼宮ハルヒの憂鬱 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(0)

コメントいっぱい書き込んで










管理者にだけ表示を許可する



● みことちゃん を救う会からのお知らせ ●
御坂美琴
みことちゃんは生まれつき帯電体質で
一定期間毎にレールガンを発射しなければ、弱ってしまいます。

レールガンを発射させるには、本人以外の第三者からの
莫大な応援エネルギーがかかります 

みことちゃんを救うために
アニメランキングのクリックや
コメントの書き込みが必要です

どうか読者の皆様ご協力をよろしくお願いします









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。