美容 求人 医師 求人 萌通新聞 キョン「何かおかしい」 その7
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(-)

キョン「何かおかしい」 その7

326 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 07:13:48.71 ID:QCzKdUl/0
古泉とみくるとみくる大の同棲生活編


古泉「今日の料理当番はあなたですよ」

みくる大「聞こえない」

古泉「今日の料理当番はあなたですよ!!」

みくる大「ちょっと、近所迷惑になるでしょ」

古泉「あなたが聞こえないと言ったから大きな声を出したのでしょう」

みくる大「いいじゃない、そんな事は」

古泉「同じ朝比奈さんなのにどうしてあなたは可愛くないのですか?」


327 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 07:15:42.39 ID:QCzKdUl/0
みくる大「え、わたしって可愛くない?」

古泉「可愛いですよ」

みくる大「さっき可愛くないって言ったよね?」

古泉「言いました。可愛くないです」

みくる大「可愛くないのかー…」

古泉「いえ、可愛いですよ」

みくる大「!?」



328 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 07:17:41.74 ID:QCzKdUl/0
古泉「買い物に行ってきて下さい」

みくる大「やだ。家から出たくない」

古泉「では未来へ帰ってください」

みくる大「わたしが邪魔みたいな言い方して」

古泉「邪魔だから言ってるんです」

みくる大「いいわ、小さいわたしも連れて帰る」

古泉「ずっと居て下さって結構ですよ」

みくる大「うわ、露骨!」




329 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 07:22:02.92 ID:QCzKdUl/0
古泉「朝比奈さんが戻ってくるまでに掃除をしておきます」

みくる大「ね、小さいわたしはどこへ行ったの?」

古泉「今日は鶴屋さんとショッピングです」

みくる大「それは嘘ね。浮気です。間違いなく」

古泉「そんなわけないでしょう」

みくる大「信じてるんだ?愛だねぇ」

古泉「掃除がしたいんです。邪魔なのでどいて下さい」

みくる大「今頃あの子は別の男と…」




330 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 07:24:12.94 ID:QCzKdUl/0
ポイッ

みくる大「ちょっと、お外は嫌いなの」

古泉「うるさい人にはおしおきです。しばらく外に居て下さい」

みくる大「外道!悪魔!」

古泉「ちっ」

みくる大「あー、舌打ちした!キャラ崩壊してるぞ?」

古泉「あなたに言われたくありません」

古泉「それに、今更ですよ」

みくる大「それもそうね」




331 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 07:28:46.36 ID:zN+fKxiBO
素晴らしい



332 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 07:34:02.88 ID:QCzKdUl/0
みくる大「暇だわ」

古泉「では、掃除を手伝ってください」

みくる大「それは嫌です」

古泉「じゃあ大人しくしてて下さい」

みくる大「どうせ出すならベランダじゃなくて玄関の方にしてよ」

古泉「外へ出る気になったのですね!?」

みくる大「うん」

古泉「分かりました、では一旦中へ」

みくる大「ふう?」




333 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 07:36:03.18 ID:QCzKdUl/0
古泉「なんで寝るのですか。約束が違います」

みくる大「約束なんてしてません」

古泉「まぁ約束はしてませんけど」

みくる大「でしょう?」

古泉「外に出ましょうよ」

みくる大「やだ!寒いし」

古泉「今の季節は冬なのですか」

みくる大「そういう事にしておきます」

古泉「分かりました」




334 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 07:40:42.20 ID:QCzKdUl/0
古泉「あなたが動かないので晩御飯は僕が作ります」

みくる大「わたし、お鍋が食べたいな」

古泉「あなたの言う事を聞くつもりはないですが、今日はお鍋にしましょう」

みくる大「お肉いっぱい入れて下さいね」

古泉「太りますよ」

みくる大「グラマーだからいいの」

古泉「そうですか。買い物に行ってくるので留守番してて下さい」

みくる大「買い物?わたしも行くよ」

古泉「外に出たくないんじゃなかったんですか?」

みくる大「そんな事言ったっけ?記憶にないですね」

古泉「そうですか」




336 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 07:44:39.82 ID:QCzKdUl/0
みくる大「寒いですね。凍えそうです」

古泉「あなたはその服しか持ってないのですか」

みくる大「未来に帰ればあるけど帰りたくないから、ない」

古泉「めんどくさ」

みくる大「いいじゃない。コート貸してね」

古泉「なんで帰りたくないんですか?」

みくる大「働きたくないから」

古泉「そうだとう思いましたよ」

みくる大「さすがね」

古泉「それほどでも」


×古泉「そうだとう思いましたよ」
○古泉「そうだろうと思いましたよ」




338 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 08:26:50.10 ID:QCzKdUl/0
みくる大「一番高い食材がいいな」

古泉「ふざけないで下さい。なるべく安いのを選びますよ」

みくる大「主婦みたいだね」

古泉「本来ならば、今日はあなたの番なんですからね」

古泉「いつもいつも言っても聞きませんけど。…あれ?消えた」

古泉「未来に帰ってくれたんでしょうか。ラッキーですね」

みくる大「いるわよ」

古泉「ああ、いたんですか」

みくる大「そろそろ泣いちゃうぞ」

古泉「どうぞ、ご勝手に」




339 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 08:31:39.09 ID:QCzKdUl/0
古泉「といいますか、勝手にカゴにお酒を入れないで下さいよ」

みくる大「いいじゃない。買って☆」

古泉「戻してきます」

みくる大「たまには飲ませてよ」

古泉「その台詞、昨日も聞きました」

みくる大「そうでした?わたしってドジだから」

古泉「その一言で何でも許してもらえると思わないで下さいね」

みくる大「思ってません」

古泉「すみません」

みくる大「いえいえ」




340 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 08:36:32.48 ID:QCzKdUl/0
古泉「買い物も終わりましたし、さっさと帰りましょう」

みくる大「きゃん、さむぅい」

古泉「くっつかないで下さい。ただでさえ荷物持ってるというのに…」

どしゃん ぼへんっ

古泉「何の音だ?」

みくる「あ…あ…」

みくる大「おかえり小さいわたし」

古泉「朝比奈さん。鶴屋さんとはもう別れ」

みくる「古泉くんの浮気者ー!」

古泉「えー、ちょっと…」




342 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 08:40:30.96 ID:QCzKdUl/0
みくる大「意外と足早いのね、わたしったら」

古泉「あなたのせいで誤解されてしまいましたよ」

みくる大「きっと規定事項です」

古泉「そうですか」

みくる大「追いかけないんですか?」

古泉「どうせ家で会います」

みくる大「それもそうですね」

古泉「あなたと朝比奈さんは同じ方ですが、この場合浮気になるのですか?」

みくる大「ならないんじゃない?」

古泉「良かったです」



343 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 08:44:48.27 ID:QCzKdUl/0
みくる「ふぇーん、古泉くんのばかぁ」

古泉「すいません、朝比奈さん。悪いのは全て朝比奈さん(大)です」

みくる「そっかぁ…よく考えたらわたしなんですから浮気じゃないですよね☆」

古泉「そうですよ☆」

みくる「ヽ(^▽^)ノ」

古泉「ヽ(^▽^)ノ」

みくる大「お腹すいた」

こうして僕達は三人で鍋をつついてダラダラして風呂入って寝た



終わり
寝る



345 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 08:47:51.55 ID:vuf6XnHLO
>>344
え?終わり?
もう朝だよ?寝ちゃだめだよ?




346 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 09:06:15.04 ID:XFSLm/RX0

おきろー!寝たら死ぬぞー!


その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10(終わり)


[ 2009/07/28 01:44 ] SS 涼宮ハルヒの憂鬱 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(0)

コメントいっぱい書き込んで










管理者にだけ表示を許可する



● みことちゃん を救う会からのお知らせ ●
御坂美琴
みことちゃんは生まれつき帯電体質で
一定期間毎にレールガンを発射しなければ、弱ってしまいます。

レールガンを発射させるには、本人以外の第三者からの
莫大な応援エネルギーがかかります 

みことちゃんを救うために
アニメランキングのクリックや
コメントの書き込みが必要です

どうか読者の皆様ご協力をよろしくお願いします









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。