美容 求人 医師 求人 萌通新聞 キョン「何かおかしい」 その5
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(-)

キョン「何かおかしい」 その5

247 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 22:17:51.26 ID:17eyOPN/0

ハルヒ「クリスマスはクリスマスパーティをやるわよ!」

キョン「みたいな事を言ってた気がする。そして次の日」

谷口「よぉキョン」(げほげほ)

キョン「風邪?」

谷口「たぶんな」(げほげほ)

キョン「ふーん」

谷口「心配しないのか?」(げほげほ)

キョン「当たり前だろ」

谷口「んだよ友達想いじゃねえな」(げほげほ)

キョン「友達じゃないからな」

谷口「そっかー」(げほげほ)




248 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 22:19:16.19 ID:d0CKwP1m0

あっ谷口だ
はじめて出てきたね


249 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 22:20:34.72 ID:17eyOPN/0

キョン「教室に入ったら既に授業が始まっていた。どうやら遅刻したらしい」

キョン「な、なんでハルヒの席にお前が!」

朝倉「どうしたの?気持ち悪い顔しちゃって」

キョン「元々だ」

朝倉「そうなの」

キョン「で、なんでお前がいるの?死んだよな?」

朝倉「悪い夢でも見てたんじゃない?」

キョン「そうか、あれは夢だったんだな」

朝倉「そうよ」

キョン「ハルヒは?」





250 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 22:22:57.74 ID:17eyOPN/0

朝倉「誰?それ」

キョン「は?お前の観察対象だろ」

朝倉「観察対象?」

キョン「お前は宇宙人だろう」

朝倉「やだ、あなた電波?」

キョン「ああ」

朝倉「冬だものね」

キョン「そうだな」

朝倉「しょうがないわ」




251 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 22:25:07.97 ID:17eyOPN/0

国木田「おはようキョン」

キョン「相変わらず可愛いな国木田」

国木田「きっしょ」

キョン「よし、変わらないなお前は」

国木田「ねえ、谷口は?」

キョン「知らん。風邪引いてたから保健室だろ」

国木田「ああそう」

キョン「さて、ハルヒもいないし長門に会いに行くか」




252 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 22:27:15.33 ID:17eyOPN/0

バンッ

キョン「長門。ハルヒがいないんだが、どこに行ったか分かるか?」

長門「…び、びっくり」

キョン「どうした?いつもに増して可愛いじゃないか」

にじりにじり

長門「やめて…」

キョン「じゃあやめるわ」

長門「うん」




254 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 22:29:19.88 ID:17eyOPN/0

キョン「あ、ちょっとこの本見せて」

長門「どうぞ」

キョン「長門からのメッセージだな。もらっていくぞ」

長門「うん」

キョン「じゃあな」

長門「あの」

キョン「なんだ?」

長門「これ、良かったら」

キョン「すまん、文芸部に入る気はない」

長門「分かった」




255 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 22:32:05.12 ID:17eyOPN/0

キョン「あ、朝比奈さん。どうも」

みくる「うひょあ?!だ、誰ですかぁ?」

キョン「え?もうボケたんですか?」

鶴屋さん「ちょいと少年っ!みくるに何か用っかい?」

キョン「いえ、別に用はないです」

鶴屋さん「抜け駆けはダメにょろ!」

キョン「俺、急いでるんで」

鶴屋さん「分かったよっ!」

キョン「さいなら」




256 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 22:34:17.68 ID:17eyOPN/0

キョン「え?っとなになに?鍵を集めろ?なんだそりゃ」

キョン「SOS団の5人を集めろって事だろうな。そうに違いない」

キョン「そして放課後」

長門「あ…」

キョン「なんかお前の家に行かなきゃいけない気がするんだ」

長門「いいよ」

キョン「そうか。じゃあ行こう」

長門「ここ」

キョン「知ってる」

長門「え…そ、そう」




258 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 22:35:58.38 ID:17eyOPN/0

キョン「お邪魔します」

長門「覚えてる?」

キョン「いや、覚えてない」

長門「そっか」

キョン「何?」

長門「わたしとあなた、以前図書館で会った事がある」

キョン「お前とは違う長門となら行った事あるけど」

長門「そうなんだ」

キョン「そうだよ」




262 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 23:02:32.61 ID:17eyOPN/0

朝倉「おでんよ」

キョン「ありがとう」

もぐもぐ

キョン「美味かった。じゃあな」

長門「また来てね」

キョン「今の笑顔いいね!記念に一枚」

パシャッ

キョン「じゃ、そういう事で」




263 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 23:03:54.54 ID:17eyOPN/0

キョン「次の日」

国木田「谷口、とうとう休んだらしいよ。熱が高いんだろうね」

ピピピッ

国木田「何してるの?」

キョン「谷口に用があるんだ。だから電話」

国木田「ふーん」

プルルルル

谷口「げほっ…んだよ…」

キョン「ああ、谷口?」




264 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 23:10:38.93 ID:17eyOPN/0

キョン「お前、涼宮ハルヒって知ってるだろ?」

谷口「…あぁ…?光陽学園に行った涼宮ハルヒのことか…げほっ」

キョン「このタコ野郎!」

谷口「な、何なんだよ…言っとくけど俺マジで風邪…」

キョン「光陽学園だな。サンキュー」

ピッ

キョン「ちょっと早退するわ」

国木田「うん。ばいばい」




265 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 23:19:55.93 ID:17eyOPN/0

キョン「光陽学園に突入したら追い出された。当たり前か」

キョン「大人しく放課後まで校門で待っていると…」

キョン「おい」

ハルヒ「なによ。見知らぬ男におい、って呼ばれる筋合いはないわよ」

キョン「あれ、古泉も居たのか」

古泉「なぜ僕の名を?」

キョン「まぁいいだろ。よし、行こうぜ」

ハルヒ「あんた誰よ。まず名を名乗りなさい」

キョン「ジョン・スミス。ほら、早く行こうぜ」

ハルヒ「はい!」




266 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 23:21:39.74 ID:17eyOPN/0

ハルヒ「へえ、SOS団か。楽しそうね」

キョン「そうだろう。今すぐ北高に行かないか?」

ハルヒ「行くわ!」

古泉「僕が奢るのは涼宮さんの分だけですよ」

キョン「ケチくせ」

古泉「なんだと」

キョン「奢ってくれよ」

古泉「僕はね、涼宮さんが好きなんですよ」

キョン「マジか?」

古泉「えらくマジです」




267 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 23:23:19.20 ID:17eyOPN/0

キョン「でもダメだな。ハルヒは俺の嫁になる女だ」

古泉「そうですか。では諦めましょう」

キョン「早いな」

古泉「僕の前じゃあんな笑顔を見せてくれたことはありませんからね」

キョン「あの笑顔は俺専用なんだ」

古泉「憎たらしい人ですね。本当にあなたの世界の僕と友人だったのですか?」

キョン「友人と呼べる仲ではないな」

古泉「そうですか」

キョン「そうだ」




268 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 23:26:00.18 ID:17eyOPN/0

ハルヒ「ジョンの体操着に着替えたことだし、潜入するわよ!」

キョン「その前に朝比奈さんを連行しないと」

ハルヒ「そうね!」

バタンッ

ハルヒ「ここが書道部ね!朝比奈みくるってどの子?」

みくる「ふぇ?わ、わたしですけど…」

古泉「おや…?」

みくる「ドキン…」

古泉「付き合って下さい」

みくる「喜んで」




269 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 23:28:24.67 ID:17eyOPN/0

ハルヒ「ここが部室ね!」

キョン「みんな揃ったな」

長門「え、なに?」

キョン「SOS団だぞ」

長門「へえ…」

みくる「わたしのことはみくるちゃんって呼んで下さい」

古泉「僕のことはいっちゃんでいいですよ」

みくる「いっちゃん☆」

古泉「みくるちゃん☆」

長門「ユニーク」




271 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 23:30:21.89 ID:17eyOPN/0

キョン「じゃあな、お前ら。俺は帰る」

ハルヒ「うん。ばいばい」

キョン「エンターっと」

ぐるぐる

キョン「ここはどこだ?」

グサッ

キョン「いってえな!何すんだよ!」

朝倉「長門さんが世界を変えたのよ。邪魔する気でしょ、許さないわ」

キョン「ったいなぁもう…」




272 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 23:31:40.79 ID:17eyOPN/0

キョン「よぉ」

キョン「あれ?俺だ」

キョン「えーっと、台詞なんだっけ?長いから忘れちまったわ。まぁいいや大人しく寝てろ」

キョン「意味が分からん。まぁいいや、おやすみ」




273 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 23:32:17.16 ID:jEuWOtvFP

これはひどい



274 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 23:37:09.77 ID:d0CKwP1m0

このたんぱくな感じいいじゃない



276 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 00:04:04.69 ID:QCzKdUl/0

シャリシャリ

キョン「長い眠りから目が覚まし、一番に目にしたのがお前か。運命を感じないか?」

古泉「感じませんね。永眠しますか?」

キョン「やめろ。今の俺はナイフが怖い」

古泉「そうですか」

キョン「向けるな」

古泉「向けてませんけど」

キョン「分かってる」




277 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 00:07:57.11 ID:QCzKdUl/0

キョン「ハルヒは?」

古泉「下にいますよ」

キョン「寝袋に包まっているハルヒも可愛いな」

古泉「そうですね」

ガシャーン

キョン「!?」

みくる「こ…こ…古泉くんのばかぁ!」

古泉「待って下さい朝比奈さん!僕が想っているのはあなたですよ!」

ダッ

みくる「ふえぇ??ん」

古泉「誤解でーす!」

キョン「騒がしい」




278 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 00:08:51.28 ID:QCzKdUl/0

長門「ありがとう」

キョン「うお、いつの間に居たんだ?」

長門「ずっと」

キョン「そうか。気にするな」

長門「そう。じゃあ」

キョン「ああ、またな」

キョン「さて、と…」




280 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/22(水) 00:11:08.56 ID:QCzKdUl/0

むぎゅ

ハルヒ「んご?」

キョン「おはようマイハニー」

ハルヒ「あれ、あんた起きたの?ていうか、何抱きついてんのよ!」

キョン「心配してくれてたんだろ?」

ハルヒ「当たり前じゃない!バカキョン!」

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「何よ!」

キョン「好きだ」

ハルヒ「知ってる!」


終わり



その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10(終わり)


[ 2009/07/27 02:04 ] SS 涼宮ハルヒの憂鬱 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(0)

コメントいっぱい書き込んで










管理者にだけ表示を許可する



● みことちゃん を救う会からのお知らせ ●
御坂美琴
みことちゃんは生まれつき帯電体質で
一定期間毎にレールガンを発射しなければ、弱ってしまいます。

レールガンを発射させるには、本人以外の第三者からの
莫大な応援エネルギーがかかります 

みことちゃんを救うために
アニメランキングのクリックや
コメントの書き込みが必要です

どうか読者の皆様ご協力をよろしくお願いします









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。