美容 求人 医師 求人 萌通新聞 キョン「何かおかしい」 その4
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(-)

キョン「何かおかしい」 その4

214 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 20:20:46.53 ID:17eyOPN/0

古泉「書くネタが浮かばないんですよ」

キョン「そうだな」

古泉「何を書けばいいと思いますか?」

キョン「お前の過去」

古泉「僕は自分には興味がありませんよ」

キョン「こういうときだけ原作っぽくするなよ」

古泉「うるさいですね」

キョン「うるさかった?」

古泉「はい」

キョン「………」


215 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 20:22:33.53 ID:17eyOPN/0

古泉「………」

キョン「………」

古泉「あなたが黙ってるのは気味が悪いです」

キョン「それはこっちの台詞だよ」

古泉「何を書けばいいんでしょう?」

キョン「俺に聞くな」

こうして僕達はくだくだと喋り家に帰って寝た


終わり
何かネタくれ




218 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 20:31:04.70 ID:17eyOPN/0

SOS団の5年後編


キョン「突然だが5年経った。俺達は21とか22とか23とかその辺の歳になった」

ハルヒ「久しぶりにみんなで集まるわよ!」

キョン「先週も集まらなかったっけ?」

ハルヒ「男の癖に細かいことにうるさいわね」

キョン「そんな俺は嫌いか?」

ハルヒ「好き」

キョン「俺もだ」

ハルヒ「あっそ」




220 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 20:34:06.06 ID:17eyOPN/0

キョン「なぁハルヒ、そろそろ結婚しないか?」

ハルヒ「大学卒業したらね」

キョン「分かった」

キョン「いつもの駅前には既に長門と古泉×2が来ていた」

古泉「やぁ、どうも」

みくる「こんにちはぁ」

長門「………」

キョン「よう。元気か」

古泉「どう見えますか?」

キョン「未来は見えていない」

古泉「そうですか」




221 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 20:35:57.15 ID:17eyOPN/0

ハルヒ「みくるちゃん妊娠したのね!おめでとう!」

みくる「ありがとうございますぅ」

キョン「え?なんか一週間でこんなに腹でかくなってんの?」

古泉「まぁいいんじゃないですか」

キョン「そうだな」

長門「名前は決めた?」

みくる「小宇宙とかいてコスモがいいです☆」

長門「ユニーク」

古泉「えっ…」




222 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 20:37:35.05 ID:17eyOPN/0

×キョン「え?なんか一週間でこんなに腹でかくなってんの?」
○キョン「え?なんで一週間でこんなに腹でかくなってんの?」


ハルヒ「素敵な名前よ!」

古泉「正気ですか?」

ハルヒ「まさか」

古泉「もっと普通の名前にしませんか」

みくる「わたしもそう思ってたところです」

長門「わたしは小宇宙(コスモ)をおすすめする」

古泉「お断りします」

長門「そう」




223 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 20:40:18.29 ID:17eyOPN/0

キョン「そういえば朝比奈さんは未来人だけど、未来に帰らなくていいのか?」

古泉「色々とありましてね。帰らなくても良くなったのですよ」

キョン「色々って?」

古泉「聞きたいですか?」

キョン「うーーーん」

古泉「聞かせてあげましょう」

キョン「じゃあ聞く」

古泉「回想スタート」




224 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 20:43:41.04 ID:17eyOPN/0

古泉「朝比奈さんがわざと留年し、僕達と同じくして卒業した日の事です」

みくる「古泉くん…わたし、未来に帰らなくてはいけません…」

古泉「えぇ!?それは本当ですか!?」

みくる「本当ですぅ…ぅぅぅ」

古泉「帰らないで下さい!」

みくる「私だって帰りたくないです…ひっく…」

古泉「何とかならないんですか」

みくる大「なるよ」




226 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 20:46:45.65 ID:17eyOPN/0

みくる「なるんですか?」

みくる大「わたしに任せなさい!」

古泉「お願いします」

みくる大「ちょっと未来に行ってくるから待っててね」

古泉「分かりました」

みくる「古泉くん、わたし達一緒にいられるのかなぁ?」

古泉「朝比奈さん(大)が何とかしてくれるでしょう」

みくる大「ただいまー」




227 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 20:50:00.75 ID:17eyOPN/0

古泉「どうでした?」

みくる大「ここに居てもいいって言ってたよ」

みくる「良かったぁ…ありがとうございます、わたし」

古泉「こういう時ぐらい役に立ってもらわないとね」

みくる大「何よ!その言い方はないんじゃないの!」

古泉「5年も居座ってタダ飯食って、よく言いますね」

みくる大「ごめんなさい」

古泉「いえ、ありがとうございます。朝比奈さん(大)」




229 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 21:08:03.87 ID:17eyOPN/0

古泉「と、まぁこんな感じです」

キョン「未来がおかしくなったりしないのか?」

古泉「そんなの知ったこっちゃありませんよ」

キョン「それもそうだな」

ハルヒ「大事なのは現在(いま)よね!」

キョン「さすが、言うことが違うなハルヒ」

ハルヒ「当たり前でしょ、あたしを誰だと思ってるの」

キョン「涼宮ハルヒ」

ハルヒ「うん」




230 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 21:12:49.64 ID:17eyOPN/0

キョン「これからどうするんだ?」

ハルヒ「いつもの喫茶店に行きましょう」

キョン「そうだな」

こうして俺達は高校のときと何一つ変わらない日を過ごした


終わり

古泉とキョンがにゃんにゃん編に続く




232 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 21:15:23.64 ID:17eyOPN/0

古泉「どうやら僕はあなたが好きなようです」

キョン「やっぱりここでも俺の事を好きになるんだな」

古泉「そこまで好きではないですけどね」

キョン「言われた事は最後まで貫き通せよ!」

古泉「はいはい分かりました」

キョン「なんだその態度は!俺は主人公なんだぞ!」

古泉「それが何なのですか?」

キョン「言ってみたかっただけだよ」

古泉「そうですか、言えて良かったですね」




233 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 21:17:19.85 ID:17eyOPN/0

キョン「で、俺が好きなのか」

古泉「まぁそうですね」

キョン「俺もお前が好きだ」

古泉「え…本当ですか?」

キョン「本当だ」

古泉「すみません、今後あなたを見る目が変わってしまうかもしれません」

キョン「引くなよ。お前が告白して来たんだろ」

古泉「そうでしたっけ?」

キョン「そうじゃなかったっけ?」

古泉「記憶にありません」




234 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 21:19:30.23 ID:17eyOPN/0

キョン「何すればいいんだ?」

古泉「何もしなくていいです」

キョン「何言ってるんだ。全国のお姉さん方が俺達の絡みに期待してるんだぞ」

古泉「全国ではないと思います」

キョン「俺もそう思う」

古泉「大人しくしていましょうよ」

キョン「とりあえずキスをしよう」

古泉「話聞いていましたか?」




235 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 21:22:20.41 ID:FVVBK9xwO

それにしてもこのキョン、ノリノリである

E382ADE383A7E383B3E98083E4BAA1.jpg



236 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 21:23:05.05 ID:17eyOPN/0

キョン「いいだろキスの一つや二つ」

古泉「あなたって同性愛者だったのですか?」

キョン「そんなわけないだろ」

古泉「安心しました」

キョン「じゃあ目を瞑ってくれ」

古泉「本気ですか?」

キョン「俺が嘘をつくとでも?」

古泉「ええ」

キョン「うん。まぁ、つくな」




237 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 21:25:42.91 ID:17eyOPN/0

古泉「ちょ、やめて下さいよ」

キョン「きっとこれもハルヒが望んでいるんだな」

古泉「え?」

キョン「あいつも女だ。BLに興味を持ってしまったのかもしれない」

古泉「そうなのですか?」

キョン「そうだろ、たぶん」

古泉「適当でしょう?」

キョン「俺は適当に生きる主義なんだよ」




239 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 21:27:20.25 ID:17eyOPN/0

古泉「ぎゃあ!近い!」

キョン「いつもはお前が近づいてるだろ」

古泉「そうですけど、人に近づかれるのは嫌です」

キョン「勝手な奴だな」

古泉「あなたに言われたくないです」

キョン「それもそうか」

古泉「もういいでしょう。離して下さい」

キョン「キスさせろよ!」




240 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 21:27:52.02 ID:wV3esKvMO

おかしい……

何がおかしいか解らんが




241 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 21:29:51.55 ID:17eyOPN/0

古泉「しつこいですね。涼宮さんにチクりますよ」

キョン「チクったところでどうにもならんだろ」

古泉「どうして分かるのですか?」

キョン「お前、男だし」

古泉「なるほど」

キョン「アホらしくなってきたな」

古泉「僕は最初から思ってましたけど」

キョン「そもそも俺がキスしたいのはお前じゃない、ハルヒだ!」

古泉「じゃあ迫ってくるな」




242 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 21:31:01.03 ID:17eyOPN/0

キョン「お前のことも嫌いじゃないけどな」

古泉「僕はあまり好きではないです」

キョン「え?」

古泉「はい?」

キョン「最初に好きって言ってただろ」

古泉「そうでしたね」

キョン「そうだよ」

古泉「はい」




246 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 22:12:43.94 ID:17eyOPN/0

キョン「好きなんだろ?俺のこと」

古泉「僕が好きだと嬉しいのですか?」

キョン「あんまり」

古泉「でしょう」

キョン「でも好いてくれよ」

古泉「めんどくせえ」


終わり

うろ覚えだよ消失編につづく



その2
その3
その4
その5
その6
その7
その8
その9
その10(終わり)


[ 2009/07/27 01:54 ] SS 涼宮ハルヒの憂鬱 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(0)

コメントいっぱい書き込んで










管理者にだけ表示を許可する



● みことちゃん を救う会からのお知らせ ●
御坂美琴
みことちゃんは生まれつき帯電体質で
一定期間毎にレールガンを発射しなければ、弱ってしまいます。

レールガンを発射させるには、本人以外の第三者からの
莫大な応援エネルギーがかかります 

みことちゃんを救うために
アニメランキングのクリックや
コメントの書き込みが必要です

どうか読者の皆様ご協力をよろしくお願いします









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。