美容 求人 医師 求人 萌通新聞 涼宮ハルヒの消失 辛口批評家が大絶賛!
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(-)

涼宮ハルヒの消失 辛口批評家が大絶賛!

涼宮ハルヒの消失 厳密にいえば「キョンの消失」

 シリーズ白眉と称されるタイトルの評価はいかに…… 


引用元:http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1265294713/
1 名前:依頼 ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★[] 投稿日:2010/02/04(木) 23:45:13 ID:???
人気が出るのもよくわかる入魂の一作

ライトノベルも深夜アニメも見ない私としては、涼宮ハルヒと遭遇する機会はまずないだろうと安心していた。
だから角川の編集者に、いかに熱くその魅力を目の前で語られろうとも、これまでは軽くいなすことができた。

だが映画化されるとなれば話は別だ。もう避けて通るわけには行かない。

しかし、よりにもよってインターネット上でこのタイトルについて下手なことを書けば、
間違いなく批評家生命を失うことになろう。
そんな恐るべきプレッシャーの中で、しかし私は命がけでこの記事を書くことに決めた。

?(略)

いかにもラノベ的な、思い付きを並べたような過剰に一文が長いモノローグ。
音声で聞くと、あまりに邪気眼風味で気恥ずかしくなり、
のっけから本気で席を立ちそうになった事をまずはここに告白しよう。

だが、絶対領域がまぶしいかわいい顔をした女の子が、
ありえないテンションで騒ぎ始めてから「これ面白いかも」と思い直し始める。
やがて綾波のコピーみたいのや、巨乳しか能のないオドオドちゃんといった、
確信的なまでに類型的なキャラクターが登場するのを見て、私は気づいた。
なるほど、これは新時代の水戸黄門なのだ、と。こういう設定に、ファンはなにより安心感を得るのである。

考えてみれば、いまどきの若者は案外保守的である。
生まれたときから不況しか知らぬ彼らがそうなるのは、ある意味必然。
その証拠に、彼らが愛するセカイ系のアニメ作品は、本作を含め似たような構図ばかりだ。

ただ、決してそれは悪いことではない。
過去のひながたを利用して、そこに新たなアイデアを加えていくのは日本のものづくりの王道。
それ自体は批判すべきことではなかろう。

なによりこの映画は、シナリオと演出がよくできている。
とくに入部届けとしおりのメッセージ。二つの象徴的なアイテムにこめられた作品のテーマがすばらしい。

とくに入部届けのほうは、渡す人物の心の中に存在するある「感情」の表れそのもの。
そしてそれは、無意識のうちに発生したと思われるものだ。
だからその入部届けを主人公がどう扱うか、その意味を考えると、観客はこの上なくせつない気持ちになる。

じつに見事な演出である。悔しいが、実写の日本映画でこれほどの演出技法を見る機会は極めて少ない。

現在、テレビドラマの安直な映画化が乱発されている。
そしてアニメーションも、エヴァンゲリオン劇場版の大ヒットにより、
本作のようなマニア向け作品の劇場版企画が通りやすくなっている。
案外手堅い商売だということに、業界が気づいたためだ。

だが、テレビドラマの映画版はそろって排泄物のような出来なのに、アニメの方は比較的クオリティが高い。「
涼宮ハルヒの消失」に限って言えば、これがはじめて世に出た一作目だとしても、十分ブームを巻き起こせるであろうほどに魅力がある。
何しろ、ハルヒ初心者の私が2時間40分も没頭できたのだから本物だ。

おそらくクリエイターも、エヴァンゲリオン劇場版の成功に大きな刺激を受け、士気が高まっているのではないか。

ファンだけを相手にしようとか、ちょちょいと作ってしまおうという安直さはまったく感じられない。
この映画も、女子高生の生足の描写などはテレビアニメとは別格の、相当気合が入った仕事ぶりだし、
長時間の上映時間を有効に利用した間の取り方は、独特の世界観の構築に成功している。
このあたりは、劇場で高回転を狙うような作品ではなかった事が幸いした。

今回の影の主役は長門有希というキャラクターだが、これがまた、
監督から動画スタッフの末端にいたるまで、間違いなく全員に愛されているのだろうと思えるほどに輝いている。
長門は俺の嫁という、これまで意味不明であった言い回しの理由が、私にもようやくわかった。

見たもの誰もが「こういうのに似た高校時代の思い出ってあるよなあ?」と感じつつ、実際はまったくないという、まさに非日常を日常のように体感させてくれる斬新なアニメーション作品。
「涼宮ハルヒの消失」は、長年のファンはもとより、「しばらく夢中になれるアニメないかなー」と探している
一般的な人々にもすすめられる、きわめて優秀な映画作品で、私は強く勧めたい。

あと願わくば、実写映画化版の批評をする日がこないことを望む。


◎ソース
http://movie.maeda-y.com/movie/01424.htm


3 名前:なまえないよぉ?[] 投稿日:2010/02/04(木) 23:48:56 ID:SaKYqxDh
参考

エヴァ序 60点
エヴァ破 85点
時かけ  70点
サマーウォーズ 70点
イノセンス   70点
スカイクロラ  60点
ふたりはプリキュア マックスハート 55点
ふたりはプリキュア マックスハート2 雪空のともだち 70点



30 名前:なまえないよぉ?[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 00:19:01 ID:BtH+aCBm
>しかしながら「恋愛シミュレーション」というからには、お相手に飽きてからの修羅場も再現してほしいところ。
>2週間ほうっておくと他のプレイヤーのDSに移動していなくなっちゃうとか、
>DSの機械をフォーマットする自爆テロをおこすとか、気性の激しいキャラクターも次回作には入れてほしい。

>それはともかくこのゲームは、DSを縦にする変則的なプレイスタイルで知られている。
>電車の中でにんまり笑いながらそうした持ち方をしている男性がいれば、それは「ラブプラス」の人である。
>愛好者が周りに一目でバレるという、メーカーの良心的な配慮といえる。



なかなか面白い文章書く人なんだな


33 名前:なまえないよぉ?[] 投稿日:2010/02/05(金) 00:21:39 ID:+o1lVGsL
>>30
かたつむり食堂の批評が面白かった

http://movie.maeda-y.com/movie/01423.htm



40 名前:なまえないよぉ?[] 投稿日:2010/02/05(金) 00:36:36 ID:T4fE3EE2
“くだらない”って邪気眼風味だよな
高二病というか


41 名前:なまえないよぉ?[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 00:41:15 ID:o2r93rEQ
邪気眼風味って一般用語なのか<



4 名前:なまえないよぉ?[sage] 投稿日:2010/02/04(木) 23:50:06 ID:/6qP1Njp

ナガトスキーなんだろ?本当は


6 名前:なまえないよぉ?[] 投稿日:2010/02/04(木) 23:52:26 ID:EKHLQATa
この人はTVアニメの方は見てないのか。
笹の葉も見てないのか? それで消失見て
理解できるのか? しかも80点って



14 名前:なまえないよぉ?[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 00:03:43 ID:17LgHF/E
これがはじめて世に出た一作目だとしても、十分ブームを巻き起こせるであろうほどに魅力がある。

おいおいこんな事書かれたら俄然期待しちゃうじゃねーか。


34 名前:なまえないよぉ?[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 00:22:59 ID:g3imjTdo
テレビシリーズ見てなくても分かるような作りになってるのかね。
映像美と演出の雰囲気だけで叩かれないよう適当にお茶を濁して書いた感想と点数なんじゃないの?

というか(仮に苦痛でも)テレビシリーズから見て予習した上での採点を見たかったな



56 名前:なまえないよぉ?[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 01:44:12 ID:57N668Ar
まあ、言っておくけど、この人多分ハルヒのテレビ版ぐらい見てるよ。出版社とかメディア関係で仕事してればわかることだけど
エヴァ以降サブカル評論やる人が、あれだけヒットしたアニメ、三年以上たってもまったく見てないって言うことあんまりありえないから。

見てないって言うのは、単純に、オタ関係映画の評論だと、信者丸出しのキモオタが、ラノベの○○部分を読んでいないとか
TVアニメの読み込みが足りないから評論家失格とか
キチガイじみたクレームを寄せるって言うことが最近本当に多いから、予防線張ってるだけだとおもう。

「いやいや、私はおっしゃるとおり初心者ですよ。だから、原作がどうのとかあんまり言わないでくださいね」って言いたいんだよ。


58 名前:むみょー ◆eroS...jpg [sage] 投稿日:2010/02/05(金) 01:54:07 ID:+2NDDoma ?2BP(119)
>>56
それだと評論家失格だと思う
自分の思ったことを正面から書いてこその評論家じゃないか
評論家は名ばかりの世にあふれる宣伝屋と同じだ

オタ系でもエヴァやガンダムやらは正面から評価してるんだからハルヒだけ予防線張る意味もない


59 名前:なまえないよぉ?[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 02:01:25 ID:57N668Ar
>>58

いやいや、だからエヴァやゼータガンダムは、本当はこの人ものすごい詳しいでしょ。
だって元オタクだもん。多分突っ込みに耐えられるという自負があるから予防線張ってないんだよ。

一方ハルヒはせいぜいテレビ版をぱらっと見た程度なんじゃないのって言うこと。
だから予防線張ってるんだよ。

キモオタがどれだけうざいかは、宇多丸スレとかみればわかるよ。
仮面ライダーディケイド数話しか見てないのに映画評論やってるから評論家失格とか平気でいうキ○ガイがいるから



17 名前:なまえないよぉ?[sage] 投稿日:2010/02/05(金) 00:05:27 ID:8iRz6jRb
要約すると
・深夜アニメを自分が見るはめになるとは思わなかった
・ハルヒは名前を聞いたことがあるだけ
・正直最初は帰りたくて仕方なかった
・でも見てみたらシナリオと構成が素晴らしく独特の世界観を構成している
・キモオタだけでなく一般人にも薦めたい素晴らしい映画だ
ツンデレだな






しかし、よりにもよってインターネット上でこのタイトルについて下手なことを書けば、
間違いなく批評家生命を失うことになろう。
そんな恐るべきプレッシャーの中で、しかし私は命がけでこの記事を書くことに決めた。


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   たかが映画の評価ごときに大げさな奴だお
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|  だが、この元キモオタ批評家は一つだけ良い点を突いた
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´ この一文だ
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

とくに入部届けのほうは、渡す人物の心の中に存在するある「感情」の表れそのもの。



━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー  まぁ説明してやる
   |      (__人__)  まず、今からする話を聞いてくれ
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




その昔おみつさんと言う女性がいた

 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、
※顔はイメージです


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●   ……おみつさんの家は貧しかった
   |      (__人__)  昔は兄弟が多かったからな
.   |        ノ   ま、おみつさんはあまり裕福ではない家庭だったんだ
    |      ∩ ノ ⊃  
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)  そんなおみつさんだが、ある時偶然、町で目にしたゲタが欲しくなってしまった
. |     (__人__)  値段を見ると、到底自分の小遣いでは手が届かない
  |     ` ⌒´ノ   家庭の事情で、親に買ってもらうことも出来ない……
.  |       nl^l^l ゲタが欲しいおみつさんは考えた――
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



   / ̄ ̄\            ___
 /   _ノ  \         /⌒  ⌒\    わかったお!おみつさんは万引きしたんだお
 |    ( ●)(●)  プニ  /(● ) (● ) \
. |     (__人_(ニ~`ヽ、 /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     ` ⌒´(((_⊂>ヽ|     |r┬-|      |
.  |         }    \ \   `ー'´      /
.  ヽ        }      ゝ-|          ヽ
   ヽ     ノ        \        ヽ   \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   なわけねーだろJK
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \  冗談だお
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |
               \_   ` ⌒´    /
                /          \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)  おみつさんは夜なべして、わらぐつを作って売ってお金を貯めようとしたんだ
. |     (__人__)  父親がわらぐつを作るのが大変上手で、それを見ていたので作り方は知っていたんだ
  |     ` ⌒´ノ   丁度冬が近づいてきた季節、需要もあっただろJK
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \



おみつさんは街へ出ては時間の合間を使い、わらぐつを売った
手作りだったんで量産は出来ず、一回一個だけの販売だった
          __   __
       ,  ´    `´   `'' 、
     /  /      ヽヽ  \
    .'/ /         ヽ ヽ  ヽ
   ノィ  ' /  / / ,     !  l ヽ ゙   ……わらぐつ買って
   ./ f,' i  ││ |! 丶.   |  |  | |
   f  | l l  ,イ |ヽ!、.  ト、. |  |  ! |
   l ,.イ ヘ l ー!‐_、ト ヾ\ l ≠.jト、,l /! ,
   |ハ ,!ゞV´!:::_j`    `'イ::_j`メ|/,.-、l!
     f ト, ! ー'      ー'  ' !.ノゞ
     `Viヾ.!     '      j /| /
      !ハ !ゝ.    ´`    ..イ /
        \ルヽ .    ,.イノレ'
         ` rノ ` ´  |' -..
       / |‐-   -‐ヽ  \_ __
    rィl´    |-- ― -- /     //ァ
   .イ ||.     |ニ ニニ ニ! __ // ハ
  ./  <~ ` 、 |    〆´ __ ゝ/  |
 .r'    |:::\  ゙ヽ.._/ ,.. :´ .:::::::::::|´   |


             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ●)(●):    だが売れん!一個たりとも売れん!一向に売れん!
           .:|   j(   (__人__)  そもそも初めて作ったおみつさんのわらぐつは不格好だった
          :|   ^  、` ⌒´ノ:    しかしっ!履く人の気持ちを考えて工夫されていた上に
          |  u;     ゙⌒}:     隙間なく編み込まれていて丈夫さではこの上なかったんだ!
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \

           ____
         /      \
        / ─    ─ \     売れなきゃ計画倒れだお
      /   (●)  (●)  \    どーすんだお?やっぱ万引きかお?
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \    いやいや、まさか……
   |    ( ー)(ー)  朝昼は親の手伝い、兄弟の世話……
.   |     (__人__)  夜はわらぐつ作りと健気に働くおみつさんを
    |     ` ⌒´ノ   神は見捨てなかったんだJK
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


ある時、また売れぬと途方に暮れていたおみつさんの元に一人の若い男が現れた
見なりと立ち居振る舞いから男は大工だとおみつさんにはわかった

           ,. '´ : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : :.`ー 、
        , '       ./ .::/               :∧
          /.:/ .::/ .::′.:::′l : : ::::::.: : : : : : :!::.:.: : : : : :.∧
        ./"/. : ::′.:::!: :.:::,l :| : : :::l::. 、:::.:.: : :|:::  : : : : : :∧
        .′.:.::| : :::;!: :::/.|.:∧: :.:::ト、:::|\:::.:.:|::::: !:::. : : : :∧
        |.:.:.:.:.:|.:.:/ !:.:/ |/  ゙、:.:l ゙、l  ヽ:.:lヽ: : |:::.:.:.:.:.: : ハ
        | ;!.:.:.:|::/ _|_'__l    ゙、|   l__゙L_ヽ::|::.:.:.:.:.: : : :|     あーすんません
        |/l :.:.:|ハ´ __、  、 .l ´ z___ `゙:|::.:.:.:.:.:|:.:l:.:!     このわらぐついくらですか?
        l l:ハ::l:::! ´_辷.」`  ゛    ´_辷_リ_   :|::. /|/:.:.ハ:′
            l |:!: !        !             ::|::./´!゙i:/ !
           !l:::!      .:;             :|:/i //
              ゙l: l       、            ::|'ノ/:/
             |ハ                ,‐-'.:/
             ヽ               ./:.:.:/|′
                   ヽ    ´ ̄ ̄゛    ./!:.:/
                \     ゛     . :´ : :l'|′
                  |:\    . :'´: : :.::::|、
.                 r‐|  ` ?''´ _... ‐ '"´ `、_
                  /| ` ‐、   _.ノ´ヽ     /:::\
             _,./ : :|  /  >´i    〉、 /::::::::::::::i-.._
         _. '´:/: : : :! .ハ.0l - !  /::::ヘ, '::::::::::::::::::::!::::::`: :- .._
      _... '´ : : : /: : : :.:|∧:::゙、|_i/:::/ /.:::::::::::::::: : : |:: : : : : : : :`: :- .._
  _... '"´: : : : : : :.:/: : : : :.:|  >'"´:::::`::'、 /::::::::: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : :`: :- .._
※顔はイメージです


             / ̄ ̄\
            ノし. u:_ノ` ,,\.
            /⌒`  ( ●)(●):     売れた!ようやく売れた!わらぐつがようやく売れた!
           .:|   j(   (__人__)   その日は意気揚々家に帰り、次のわらぐつの制作に着手した
          :|   ^  、` ⌒´ノ:
          |  u;     ゙⌒}:
          ヽ     ゚  " }:
            ヽ :j    ノ: i |i |
         /⌒      ヽ  | || |  |
     :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
    :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
     :: ヽ   ノ ::          \       \
ガタッ!  |   | r         「\   \       \
       |   | |       ノ  \   \__   \
          ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
     || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
     || ||  |         | ||| |                    \


           ____
         /      \
        / ─    ─ \     いちいち興奮すんな
      /   (●)  (●)  \   わらぐつが売れた!ってクララが立ったみたいじゃねーかお
      |      (__人__)     |
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \


      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |
   /  へ  \   }__/ /             / ̄ ̄\
 / / |      ノ   ノ           / ●)) ((●\’, ・
( _ ノ    |      \´       _    (   (_人_)’∴ ),  ’
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|             三三三三三三三三三 ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  ノ       ヽ   r'" ̄
         \       , '´        し/..     | J
          \     (           /      |
            \    \         し-  '^`-J


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)  ……でな 新しく作ったわらぐつ、今度は前より上手く出来た
.   |     (__人__)  一回作ったから、経験値が上がってたわけだJK
    |     ` ⌒´ノ  
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

      ____
    /      \_
   / /   \( ;:;:;)     はいそーですね
 /( ;:;:;:;:;ノ   (●)  \    
(;:;:;:;;;:;   (__人__)  .:::::::)   
 \ ||    ` ⌒|||  ,/
 /              \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  でだ、また町に出た時にわらぐつを売りに出た
. |     (__人__)   すると……
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


         /: : : : : : /: : : :/: : : : : : : ヽ: : : : :: : `、
        /: : : : : : : :/: : : /: : ,ィ: /l: : : l: : |: : : : : : ::ヽ
        ;´: : : : : : : /: : /|/ .|/ .!: : /i: : !: l: : : : : :丶
       .i: : : : :|: : : : |/      |/ | /|: :|: : i: : : :゙ヽ
       i: : : : ::i: : : ::/ ´ ̄ ̄ ̄`''''   ´ ヽ|: : | .|: :丶
       |: : : :,-リ: : : |  "疋;:ソ`     '`'-、_.i: : |: |: ヽ  すいません またわらぐつ貰えますか?
       .|: : :/-、',: : |         , f:テリ` /: : |: i丶
       .ソ、::l,.( _ リ、:|         l .`   /l: :/| i
        ,|::\__ ヽ|          ,    //|/ |/
         リl: ::| |           ′  //
          l::|リ ヽ    ` ― - 、   //
          ,リ   `、    `"    /リ
      ,----亠--- 、_`.、      / 彡
      // ̄ ̄⌒`ヽ` \::`::-、,_, ´.


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)   また、同じ大工が買っていきやがった
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;) おみつさんは、前のわらぐつが壊れてしまったんだろうなと思った
   |      (__人__) /;;/ 元々不細工な出来栄えだったからな
.   |        ノ l;;,´  だから、申し訳なく思い、タダで譲ろうとした
    |     ∩ ノ)━・'   だが、大工は「そうじゃないから、気にしないで良い」と言って金を渡して帰って行った
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/   で、またおみつさんは新しいわらぐつを作って
    |  (__人__)l;;,´|   町へ出た時にわらぐつを売るわけだが……
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    またストーカー大工が買いにきたのかお?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/ ……言い方は気になるがその通りだ
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)  それからも、新しいわらぐつを作って売る、また大工が買う
  |     ` ⌒´ノ   それを何度も繰り返した
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \    ……やっぱりストーカだったのかお?
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \     別に、何度もわらぐつを買うからと言ってストーカーとは言えないだろ。さすがに……
 |    ( ー)(ー)   そんな言葉なかった時代だしな……
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \
 |  (●)(●) |   何より長門はそんなこと言わない
. |  (__人__)  |
  |   ` ⌒´  ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \


            ____
          /― ― \
   rヽ     /(●)  (●) \
   i !   /   (__人__)     \
  r;r | ヽ |    ` ⌒´      | おみつさんだろ
〈     } .\           ./   自分で言った設定忘れんなお
 l    /  /           \
 ヽ   l /              \


                                                              -=≡
                      -―‐- 、                                  -=≡三           /    ,/
                     /  _ノ   ヽ                            -=≡三  三 三        -=:/|   .//
                   /    (●);ゞ. 、|                       -=≡三 三     三  三   -=三 :  / .!_/ /
                       /  .(⌒` ゙':(●ノ                        -=≡三   三      - 三≡三? ̄\  ´⌒ヽ  て__
                  〃⌒\ニヽ__)/                 -=≡三   三    三=≡三? ̄ iii(○)  ヽ     }  ( ̄ ̄ ̄
                /      }_ ノ                    -=≡  三    三.:'  -=≡三  ;:ヽ. (__人_) ⌒:::|  _,ノ     \
               /     ノ  ヽ      _           /-=≡三   三   -=三三ニ { #  ) (  (   / ´\   ∧` ̄
             /    /   l     ( 、ヽ)〉        -=≡  三     -=≡| .  {   \`'''´    ⌒` /∵i,i'`';.\!  ヽ .+∵
             /    /     ト、    レク /    _ '´        三=      : |  ‘ー-ィ⌒       <   + * 、 ;,;', '´`';・
              /     /      │  ヽ/ /     '´          -=       \               \   ;'´     `';
           /    /       ヽ、    〃, '´        _>'´             ` ー―7       ,r   }
            /  ,  /      :  ゞ`ー≠/           '´                   /  , ー―‐-イ   /
.      r 、    /    /ヽ           ̄ ̄       '´                       /    {        /
     \ヽ‐'´    /   ヽ         :       '´                      ノ     `ー――‐<´
    (ニニニ´   _,./    ヽ            x '´                      /     /⌒ヽ      \
    _/ - ./       ヽ         /_                        /    /    \     ヘ
.    └‐と´/           >      / :                         (    く       }    |
     ‘‐'´           /      /                             \    \      |    !
                  /       /                                 \    \     |     }
                 /      /                               ノ     丿    /    /
                /       /                                く     /    /     i
                /       /                                 ` ―‐ ´     廴___,ノ
                  /       /



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/  でだ、さすがにあまりに続くのでおみつさんも心配になった
.   |        ノ l;;,´   付きまとわれて不安になったんじゃない
    |     ∩ ノ)━・'    自分の作ったわらぐつが、あまりにも粗悪で壊れやすかったと危惧したのさ
  /    / _ノ´       だからある時、その大工が再度買いに来た時に尋ねた
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


ノ::::/::::::/:::::;:::i| :::l::::::::::{:::::::::::::.ヽ:::::::::::
7:::;':::i:::i:::::::l::::|i::::|::::::::::.l、::::::::::::::::i:::::::l::
:::/::::|:::|:::::::|:::l |::::ト;:::::::::l i:::ト、;::::::::l::::::l:
イ::::::l| ::l::::::i.|:|__l_;レ゙、:::::| l;:トx,,_、;;::|:::l::
.l:::::::|:l::::l::::| |! ,,_!;ト、 \{ ヽィ _,,ヾ|/`
. l:::::i゙l;ヽiヽ! イ{゚ ゙'r     ィ'゚ ゙.}゙ゝ   ……私のわらぐつ、壊れやすい?
 ヽ;!:i;ヘ;::::::|`.!cッ;j      !c;;;ツ /::
  ヾ.|i.|:::::::i,      、      ./::::
   ノ゙ ヽ;::、ゝ、         , イ:;::::;
      ヽ::`、{゙' 、 ー ‐- .,,r''V//.::/
       \:::l,,イ:}::`:::: ''゙ .{ヽ///
     _,,::‐''´ヾ /゙     `'i:.'゙.:`'ー
 _,,:‐''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ー--、  , -‐-}.:.:.:.:.:.:


       __. --─-- 、
     ∠        \
.   /,r / /  ヽ ヘヽ  \
   /// , | |    | | ヘ  ヽ    ……いやいや、そんなことないですよ
.  |/ l / | ∧ | | :| |、:||  ',  むしろあなたのわらぐつはじょうぶで長持ちだ
.  | l | 、ト、.|. |ハ ハ |ヽ!ヽ'V  |  だからこそ同僚や近所の人の分も買ってやってるんですよ
.  lイ lヽ| _ム-- ` レニニT | N
    ∨| |´ 'モシ´   ゙ー' || |
    |ハ!            |//
      ヽト、    l    /
      ヽl\  -─  .イ
         l`  ._  / ノ、
        / |    ,rく. ヽ
.       / ,ヘ   / ∧|
       | ハ ', / / ∧!


ノ::::/::::::/:::::;:::i| :::l::::::::::{:::::::::::::.ヽ:::::::::::
7:::;':::i:::i:::::::l::::|i::::|::::::::::.l、::::::::::::::::i:::::::l::
:::/::::|:::|:::::::|:::l |::::ト;:::::::::l i:::ト、;::::::::l::::::l:
イ::::::l| ::l::::::i.|:|__l_;レ゙、:::::| l;:トx,,_、;;::|:::l::
.l:::::::|:l::::l::::| |! ,,_!;ト、 \{ ヽィ _,,ヾ|/`
. l:::::i゙l;ヽiヽ! イ{゚ ゙'r     ィ'゚ ゙.}゙ゝ  ……でも不格好
 ヽ;!:i;ヘ;::::::|`.!cッ;j      !c;;;ツ /::
  ヾ.|i.|:::::::i,      、      ./::::
   ノ゙ ヽ;::、ゝ、         , イ:;::::;
      ヽ::`、{゙' 、 ー ‐- .,,r''V//.::/
       \:::l,,イ:}::`:::: ''゙ .{ヽ///
     _,,::‐''´ヾ /゙     `'i:.'゙.:`'ー
 _,,:‐''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ー--、  , -‐-}.:.:.:.:.:.:



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) 長門……じゃない
. |     (__人__)  おみつさんがそう恐縮すると、大工は急に神妙な顔になって言った
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |


               _, -‐-、,   、
              ´       ` ̄\
        ,  ´ _    ,           \
      / /       /           \    俺はわらぐつを作ったことはありません
     / /     / /      ヽ      ヽ    でも俺だって職人の端くれです 
.    /-‐ァ       '  '  ,      ' ヽ  ヽ   、  仕事の良しあしくらい分かるつもりです
.      /    /  , i  l |  | | ! i   '   '
.      ,'    /   i ヘ i、|  | | | |   }  ! 良い仕事ってのは見かけで決まるものじゃない
     i   /!   | l ヽl ヽl 、  ∧ | ∧ |   /  ! | 使う者の身になって、丈夫で長持ちするように作るのが
     | /i ‘   ,斗―‐-、{ ', ′ソ斗‐ヘ升 ′  トl  本当の良い仕事だと思う
     | , |  ヽ |ァ〒 ミ、   V   斤ニ〒ミl /  / !
     レ {  ハヽl  iユりi       'ユりj l′ 厶i/
       ‘ ハヘ i         ,!       ク ハ ノ′
          V ` ぃ      ノ}       l//
           八       ヽ!      /l「
           ヽi 、    _ __    ,.ィ l'
               >、 ´ ? ` /{ム
             ハ ヽ、__  ´ ∧{
            丿?         /   、
            ノ _ v      /   }
              / / 八   r―<ヘ    {
          /  ' l n 〉  | ? ハ    |
            //  | リ{  ノ  ′ハ   !
         `゙       ヽ/  / //\ノ

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)  おみつさんは、さして年も違わない若い大工がとても頼もしく、えらい人のように思えた
. |     (__人__)  それから大工は、いきなりしゃがみこんでおみつさんの顔を見つめながら言ったんだ
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


    〃                 i,        ,. -‐
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈    /
    !  :l      ,リ|}    |. }   /   .や
.   {.   |          ′    | }    l
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    |    ら
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    |
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|   |     な
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     |
.    }.iーi       ^ r'    ,'    ノ    い
     !| ヽ.   ー===-   /    ⌒ヽ
.   /}   \    ー‐   ,イ       l    か
 __/ ?  .  ヽ、_!__/:::|\       ヽ




なわけねーだろ!
                                                              -=≡
                      -―‐- 、                                  -=≡三           /    ,/
                     /  _ノ   ヽ                            -=≡三  三 三        -=:/|   .//
                   /    (●);ゞ. 、|                       -=≡三 三     三  三   -=三 :  / .!_/ /
                       /  .(⌒` ゙':(●ノ                        -=≡三   三      - 三≡三? ̄\  ´⌒ヽ  て__
                  〃⌒\ニヽ__)/                 -=≡三   三    三=≡三? ̄ iii(○)  ヽ     }  ( ̄ ̄ ̄
                /      }_ ノ                    -=≡  三    三.:'  -=≡三  ;:ヽ. (__人_) ⌒:::|  _,ノ     \
               /     ノ  ヽ      _           /-=≡三   三   -=三三ニ { #  ) (  (   / ´\   ∧` ̄
             /    /   l     ( 、ヽ)〉        -=≡  三     -=≡| .  {   \`'''´    ⌒` /∵i,i'`';.\!  ヽ .+∵
             /    /     ト、    レク /    _ '´        三=      : |  ‘ー-ィ⌒       <   + * 、 ;,;', '´`';・
              /     /      │  ヽ/ /     '´          -=       \               \   ;'´     `';
           /    /       ヽ、    〃, '´        _>'´             ` ー―7       ,r   }
            /  ,  /      :  ゞ`ー≠/           '´                   /  , ー―‐-イ   /
.      r 、    /    /ヽ           ̄ ̄       '´                       /    {        /
     \ヽ‐'´    /   ヽ         :       '´                      ノ     `ー――‐<´
    (ニニニ´   _,./    ヽ            x '´                      /     /⌒ヽ      \
    _/ - ./       ヽ         /_                        /    /    \     ヘ
.    └‐と´/           >      / :                         (    く       }    |
     ‘‐'´           /      /                             \    \      |    !
                  /       /                                 \    \     |     }
                 /      /                               ノ     丿    /    /
                /       /                                く     /    /     i
                /       /                                 ` ―‐ ´     廴___,ノ
                  /       /



       __
      / ./}\
    / ,r'"/  .\
   ハ / / ヽ、 /"i  大工はこう言ったんだ!
  .ソ ノ / / (●/ ..,ィ´    
  |  レ'   '- '~  /..|_
  l        t".,.-┘.)
.  ',        、-ーr'、
   .\       ゛''´.ノ
    )      /`´
    /     /ヽ
  . /    /  │

               _, -‐-、,   、
              ´       ` ̄\
        ,  ´ _    ,           \
      / /       /           \
     / /     / /      ヽ      ヽ   なあ、俺の家に来てくれないか?
.    /-‐ァ       '  '  ,      ' ヽ  ヽ    、そして、いつまでも俺のわらぐつを作ってくれないか?
.      /    /  , i  l |  | | ! i   '   '
.      ,'    /   i ヘ i、|  | | | |   }  !
     i   /!   | l ヽl ヽl 、  ∧ | ∧ |   /  ! |
     | /i ‘   ,斗―‐-、{ ', ′ソ斗‐ヘ升 ′  トl
     | , |  ヽ |ァ〒 ミ、   V   斤ニ〒ミl /  / !
     レ {  ハヽl  iユりi       'ユりj l′ 厶i/
       ‘ ハヘ i         ,!       ク ハ ノ′
          V ` ぃ      ノ}       l//
           八       ヽ!      /l「
           ヽi 、    _ __    ,.ィ l'
               >、 ´ ? ` /{ム
             ハ ヽ、__  ´ ∧{
            丿?         /   、
            ノ _ v      /   }
              / / 八   r―<ヘ    {
          /  ' l n 〉  | ? ハ    |
            //  | リ{  ノ  ′ハ   !
         `゙       ヽ/  / //\ノ


      ____
    /      \_
   / /   \( ;:;:;)     ど、どういう意味だお?わらぐつ職人として雇うってことかお?
 /( ;:;:;:;:;ノ   (●)  \    
(;:;:;:;;;:;   (__人__)  .:::::::)   
 \ ||    ` ⌒|||  ,/
 /              \


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)  ……聞け、大工はこう続けた
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


         /: : : : : : /: : : :/: : : : : : : ヽ: : : : :: : `、
        /: : : : : : : :/: : : /: : ,ィ: /l: : : l: : |: : : : : : ::ヽ
        ;´: : : : : : : /: : /|/ .|/ .!: : /i: : !: l: : : : : :丶
       .i: : : : :|: : : : |/      |/ | /|: :|: : i: : : :゙ヽ  使う人の身になって、心をこめて作ったものには
       i: : : : ::i: : : ::/ ´ ̄ ̄ ̄`''''   ´ ヽ|: : | .|: :丶  神様が入ってるのと同じ事だと思います
       |: : : :,-リ: : : |  "疋;:ソ`     '`'-、_.i: : |: |: ヽ  だから、それを作った人も神様と同じなんです
       .|: : :/-、',: : |         , f:テリ` /: : |: i丶   俺は、あなたが家に来てくれたら
       .ソ、::l,.( _ リ、:|         l .`   /l: :/| i    神様みたいに大事にするつもりです
        ,|::\__ ヽ|          ,    //|/ |/
         リl: ::| |           ′  //
          l::|リ ヽ    ` ― - 、   //
          ,リ   `、    `"    /リ
      ,----亠--- 、_`.、      / 彡
      // ̄ ̄⌒`ヽ` \::`::-、,_, ´.


         , ‐'´            `ヽ、
        _/   /    /         \
     ー=ァ'´/ /.., ´  〃  /   ヽ:..   ::::::ヽ
     /イ/ .:/ .::/: .::/ /  .,′   ..:ハ::..  :::::::::
     〃 / .:/ .::/:: .:::/.:::l:::  ::| {:.  .::::|::::::::::::   l
      /',′.::l .:::l::.__:/ !:/{:::. .::! ::ヽ:. ::::::|::::::::::::::.....|
     | ::/:::j ::::l:::::/゙`i:ト ',:::..::::l、.:::!ヽ::...:::|:::::::::::::::::::|
     l ::{:::!ハ::::|代尓ミkハ::::::::iム七弋 :::l:::::::::::::::::::l
     ∨N':::ヽ:{' rf;;;i./` \:::{ ィテ与、:j::::,::::::j :::八
         l :::::lヽゝー'       rf;;j /リ::,' :::/:/l:!
        ハ::::::l ///    '    ''‐ ' /:::/:::/}/. リ
        _,∧ .::ト、     _    ///:::/:::/ノ
         ,∧:ヽ \        ィ':/;イ(: 、
            \l/}iヽ、 _,, <〃::/ "


                   __ __
                   ..ィ.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:...、
                 ,..イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:ヽ:.:.:.:ヽ、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:ヽ
.           ,.イ:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:',
.          /:.:.:.:.:.:.:.:. i:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';:.:.:.:.:i.:.:.:.',
        /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.!:.:.:ハ.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.:.:ハ
.       /:.:.:.: i:.:.:.:.l:.:|!:.:.l ヽ:.:ヽ:.\:.:.:ヽ;.:.ト、:.:.:.l:.:.:.:.:l.:.:.:ハ
.      //: /:. |:.:.:.:.l:.l !_.:!-‐ ヽ.:.:\:ヾー、- 、ヽ:.l.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ト、
      /イ/:.:.:.!:.: ,:イ´∨    \! ヾ! \!\`ヾ!.:.:.:.:l:.:.:.:.:j`ヽ
       |:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.|ィニニミ、       ,.ィニニミ、!.:.:.:.:i、:.:.:/
       |:.|:.:.:/ヘ\!ヾ{:゚::;;::ヾ    〃 {::゚:;;::::} l.:.:.:./ }:/
        ヾ!ヘ:ヘ,,:イへ ヽc::::リ         ゝc:::ソ l.:.:./イ/
        ヽ ヽヘ!:.:.ヘ ` ̄    i    ` ̄ ,':.:/.;イ′
            |:.:.ハ. ///        /// /.:/:/
            |:.:|:.:|:.ヽ、   `  ´   ,イ:./|/
            |:.从!∨W> 、    .イソ'// !
            |/        ,j ` ´  lメ.′
            ′    /::ノ    /∨:\
         __... 、.- ─:::´:::ク    ....   ∨::::`:ー:..、
          |::ヘ::::::::::::::::::::::i:/ ´     ` \l::::::::::::::::::::`>,
.          /∨ヘ::::::::::::::::::::l/ ´  ̄ ` \j::::::::::::::::::::/ :/ヽ


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \   プロポーズじゃねーかお!
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)  ……と、まぁ、「わらぐつの中の神様」というお話だ
. |     (__人__)   で、話を消失のレビューに戻す
  |     ` ⌒´ノ
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


       ____
     /⌒三 ⌒\ 
   /( ○)三(○)\     全力で忘れてたお
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


【以下消失一部ネタバレ注意】

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)  「涼宮ハルヒの消失」にはこういうシーンがある
. |     (__人__)   改変された世界において、文芸部を訪れたキョンが立ち去り間際に
  |     ` ⌒´ノ    消失世界の長門がキョンに入部届けを渡す
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |  この行為をお前はどう考察する?
     . (人__)      |
     r-ヽ         |
     (三) |        |
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

     ____
   /      \
  /  ─    ─\    そんなのキョンと一緒にいたいと思う長門の淡い恋心の一端だお
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)  そこだ その認識にこそズレがある!
. |     (__人__)  消失長門について、あれこれ考察してる連中はいるが、
  |     ` ⌒´ノ   「長門が入部届けを渡す」という最重要行為をかなりの数の人間が、
.  |       nl^l^l 「淡い恋心」とか「一緒にいたい気持ち」程度に解釈してやがる
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/   「わらぐつの中の神様」だよ
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /
    __/  /    ノ__
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  どういうことかお?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;) 考えても見ろ 廃部寸前の文芸部員は長門一人
   |      (__人__) /;;/   今後も誰一人くる事はないんだろう
.   |        ノ l;;,´  そんな中、キョンが入部するということはすなわちどうなる?
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  キョンと二人っきり……あっ!
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (●)(●)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|  そう、入部届けを渡すという事は、告白を意味したんだ
    | ./´ニト━・' .l   「好きです、付き合ってください」 と同義だな
    | .l _ニソ    }    
     /ヽ、_ノ    /    
    __/  /    ノ__     
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ
   |         |/  /



「私しかいませんが、どうか入部してくれませんか」


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)  どうだ?ポジションは入れ替わっても、大工のプロポーズとダブるだろう?
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  確かにわらぐつの中の神様と告白の仕方が似ているお!
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)  そういうことだ……
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\   そ、そうだお!
     /    (__人__)   \
      |       |::::::|     |  キョンは!告白されたキョンはどうしたお!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ? l、E ノ <
               レY^V^ヽl

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   (○) (O)   皆までいわせるな……
. |.   .|| (__人__)  だからこそ「消失」というテーマがキーワードなんだ
  |    ノi  !   | }
.  |   し' ` ⌒´ノ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


       / ̄ ̄\
     /       \
     |:::::       |  あの男が長門の全力の告白になんと答えたか……
    . |:::        |     劇場で確かめてくれ
     |::::         |
     .|::::       __}
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    |::::        i  |
    |::::        |  |
    \___、_____  ノ _)


涼宮ハルヒの消失上映館一覧はこちら

[ 2010/02/07 23:43 ] アニメ | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(11)

1032 名前: 萌えっ娘。名無しさん 投稿日:2010年02月07日 23:59
管理人はやればできる子


1033 名前: 萌えっ娘。名無しさん 投稿日:2010年02月08日 00:01
何と言う宣伝


1034 名前: 萌えっ娘。名無しさん 投稿日:2010年02月08日 01:00
素晴らしい


1035 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010年02月08日 01:02
みるきなかったけど、みたくなった。
管理人もやればできるな


1036 名前: 萌えっ娘。名無しさん 投稿日:2010年02月08日 01:22
思わず最後まで読んでしまったぜ
この辛口批評家様より管理人の方がこういうの向いてるんじゃね?


1038 名前: 萌えっ娘。名無しさん 投稿日:2010年02月08日 01:54
久しぶりに管理人の本気を見た


1039 名前:   投稿日:2010年02月08日 02:18
小学校で読んだことあるわ。


1041 名前: 萌えっ娘。名無しさん 投稿日:2010年02月08日 02:30
小学校5年の国語の教科書下巻だな
タイトルは大地だった


1042 名前: 萌えっ娘。名無しさん 投稿日:2010年02月08日 02:36
ここはたまにだが
こう言う神更新があるから見逃せねえ


1043 名前: 萌えっ娘。名無しさん 投稿日:2010年02月08日 07:15
いや、少し感動したよ


1344 名前: 萌えっ娘。名無しさん 投稿日:2010年02月21日 23:48
これを見て消失見に行きたくなった
あととりあえず阿部高和は空気よめ


コメントいっぱい書き込んで










管理者にだけ表示を許可する



● みことちゃん を救う会からのお知らせ ●
御坂美琴
みことちゃんは生まれつき帯電体質で
一定期間毎にレールガンを発射しなければ、弱ってしまいます。

レールガンを発射させるには、本人以外の第三者からの
莫大な応援エネルギーがかかります 

みことちゃんを救うために
アニメランキングのクリックや
コメントの書き込みが必要です

どうか読者の皆様ご協力をよろしくお願いします









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。