美容 求人 医師 求人 萌通新聞 ハルヒ「キョン、あんた女の子になりなさい」キョン「おう!」
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(-)

ハルヒ「キョン、あんた女の子になりなさい」キョン「おう!」

1 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 10:24:06.11 ID:20OiFRN8O

ハルヒ「え?」

キョン「そういう訳だ、今日は先に帰らせてもらうぞ」

古泉「…正気ですか」

長門「…」

みくる「キョ、キョン君女の子になっちゃうんですかぁ!?」

キョン「ええ。団長命令ですから」

ハルヒ「あんた、ちょっとは逆らったり躊躇ったりしないの?」

キョン「お前に言われたら仕方ないさ。じゃあちょっと行ってくる」

ガチャ

バタン!

ハルヒ「…」


kyon.jpg

ブログランキングブログランキング【くつろぐ】
2 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 10:28:22.45 ID:20OiFRN8O

古泉「行ってしまわれましたね」

みくる「ふぇぇ…キョン君、本当に女の子になるつもりでしょうか…?」

長門「…」

ハルヒ「冗談で言ったのに…あいつ、何考えてんのかしら?」

みくる「お、女の子になるって、どうやって…?」

長門「性転換手術と思われる。最先端技術ならば一日で性器や声帯、ホルモン分泌量まで変えられる」

古泉「長門さん、またそんな嘘を…」

ハルヒ「それホントに!?」

長門「間違いない。確かな情報」

ハルヒ「へええ…すごいわね。明日が楽しみだわ!」

古泉(ふむ…これはマズイですね)





4 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 10:34:20.93 ID:20OiFRN8O

【翌日・部室】

古泉「始業前から彼に呼び出されましたが…。はてさて」

古泉「いや、彼女と呼んだ方が適切でしょうか」

古泉「それにしても、彼女も何故自ら進んで問題を起こすような真似を…」

コンコン

古泉「…おや、ご登場のようですね。どうぞ、開いています」

ガチャ

キョン「よっ。おはよ」

古泉「……おぉ…!」

キョン「古泉?おはようって」

古泉「は?あ、ああ、おはようございません」




5 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 10:37:52.15 ID:20OiFRN8O

古泉「これはまた…なかなかの美人に変身しましたね。正直、驚いていますよ」

キョン「だろうな。俺もだ。しかも金もほとんどかからなかった」

古泉「まず間違いなく涼宮さんの影響でしょう。しかし、髪まで伸びていますね」

キョン「そうなんだよ。見ろよこれ、俺って意外に髪質良いみたいだ」さらっ

古泉「…で、ポニーテールという訳ですか」

キョン「当然だ」




8 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 10:47:14.49 ID:20OiFRN8O

古泉「女子用の制服なんてよく用意出来ましたね?」

キョン「ああ、買ったんだこれ。なかなか似合ってるだろう?」くるくる

古泉「ええ、非常にお似合いです。些かスカートが短すぎるような気もしますがね」

キョン「まぁな。せっかくだし、男に色目使ってやろうかと思って」

古泉「ふむ。あまり感心しませんね」

キョン「そう言うなって。お前ならパンツぐらい見せてやるぞ?どうだ」

古泉「………………んふっ」

キョン「はは、正直だな。ほれ」ピラ

古泉「ふふっ、これは実に…いやなかなかよろしいかと」

キョン「だろ?わざわざパンツまで買いに行ったんだからな」




18 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 10:57:09.37 ID:20OiFRN8O

古泉「おっと、失礼しました」

キョン「しょうがないさ。さて、そろそろ教室行くか」

古泉「ですね。今回はれっきとした性転換ですし、堂々としていて問題ないでしょう」

キョン「いやいや、一日でだぞ?皆びっくりするだろ」

古泉「…そうでしたね。すみません、正常な判断が出来なくなっているようです」

キョン「はっは、俺もなかなかのもんらしいな」

古泉「ええ、素晴らしく可愛いと思いますよ。北高では間違いなくトップでしょう」

キョン「そうか。自分で見ただけじゃ自信なかったんだが、お前が言うなら安心したよ」

古泉「うふふ、それはどうも。では、また放課後に」

キョン「お、またな!」




27 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 11:04:34.29 ID:20OiFRN8O

【教室】

ガラガラ

キョン「おっす。おはようさん」

国木田「…えっと、キョン?」

キョン「よう国木田。どうだ?女の俺もなかなかのもんだろ?」

国木田「…うん。突っ込みたい所はいろいろあるけど、まず可愛いよ。すごく可愛い」

キョン「はは、ありがとな。さて、谷口あたりに会いに行くか」

国木田「ああ、谷口は…」

キョン「ん?」

国木田「キョンの顔を見るなり、トイレに駆け込んだから…多分…」

キョン「はは、人にオカズにされるのもなんだか新鮮だな」




28 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [age] 投稿日: 2009/07/20(月) 11:05:35.51 ID:yrMRD0CEO

タニグチコロス



31 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 11:08:04.53 ID:+grxGe4TO

なんでこのキョンこんなに堂々としてんだwwwwwwww



32 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 11:10:26.69 ID:20OiFRN8O

ガラガラ

キョン「おっ、来たな」

国木田「涼宮さんだね。ふふ、今のキョンを見たらなんて言うだろ」

キョン「楽しみだな。今日の目的の一つだ」

ハルヒ「…」

キョン「よう。おはようハルヒ」

ハルヒ「これは想像以上だわ…。参った、完全に可愛いじゃない」

キョン「ほう。お前が俺を誉めるのは初めてじゃないか?」

ハルヒ「そんな事ないわよ。でも実際可愛いもの」

キョン「そりゃ光栄だな。有り難き幸せだ」

ハルヒ「でもあんた、どうすんのよ?」

キョン「何がだ?」

ハルヒ「一時間目体育よ?」

キョン「ははん、望む所だ。これを見ろ」

ハルヒ「ブ、ブルマ…」




36 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 11:18:43.33 ID:20OiFRN8O

ガラガラ

岡部「ホームルーム始めるぞ。席につけー」

ハルヒ「あ!もうこんな時間か」

キョン「だな。なんだか朝から目まぐるしい」

岡部「あー…今日は一つ連絡事項がある。学籍に関する事なんだが、皆も既に見た通り…」

岡部「……が今日から、性別を女として学籍登録する。つまり、正式に女の子という訳だ」

ハルヒ「そうなの?」

キョン「ああ、昨日手続きしたからな」

ハルヒ「あんたどんだけ本気なのよ…」

岡部「という訳だ。皆もこれから女の子として扱ってやってくれ。抵抗はあるだろうが…」

キョン「ま、そういう事だ。よろしくなハルヒ」

ハルヒ「…はぁ」




37 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 11:23:22.63 ID:20OiFRN8O

【1時間目・体育】

キョン「さて、着替えるかね」ヌギヌギ…

ハルヒ「ちょっとキョン!まだ男子出てない!」

谷口「ッッ!」ダッ

キョン「ああ、すまんすまん。はは…谷口め、またトイレ行きやがったな」

ハルヒ「あんたねぇ…!女なんだからちょっとは気をつけなさい!」

キョン「悪かったって。ほら、見てくれ。結構胸あるだろ?」ぽよんぽよん

ハルヒ「う…な、なかなかじゃない」

キョン「昨日ブラジャー買いに行ったら、なんとFカップだとさ」

ハルヒ「私より2サイズも…」




44 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 11:28:51.18 ID:20OiFRN8O

キョン「あれ?おかしい…」

ハルヒ「どうしたのよ?」

キョン「女子と着替えるの、結構楽しみにしてたんだが…」

ハルヒ「だが?」

キョン「どうした事だ。裸を見てもなんとも思わん」

ハルヒ「当たり前じゃない。あんた女なんだから」

キョン「それもそうか。仕方ない、後で古泉にでも裸になって貰うか」

ハルヒ「…!このっアホキョン!」




51 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 11:37:21.00 ID:20OiFRN8O

キョン「ふむ、今女子はマット運動やってるのか」

ハルヒ「そうよ。あんたマット出来たっけ?」

キョン「それなりにな。ハンドスプリングやら伸膝前転くらいまではできる」

ハルヒ「ホントに?運動音痴のあんたがねぇ…」

キョン「言ったな?見てろ、逆立ちだってちゃんと止まれるんだぞ」

キョン「よっと」

すたっ

ハルヒ「ちょ、キョン!バカ!」

キョン「なんだよ?」

ハルヒ「体操服めくれてるっ!男子が見てるじゃない!」




73 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 12:52:00.49 ID:Q0I/H9U+0


kyon.jpg



97 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/20(月) 14:01:46.85 ID:3h85BHtA0


kyonnaga.jpg



158 名前: 1 投稿日: 2009/07/21(火) 00:48:20.61 ID:CpdA66a2O

眠くなるまでちょっと書く。



159 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 00:50:59.95 ID:0+X+dh++O

wktk



160 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 00:51:25.55 ID:CpdA66a2O

キョン「…ったく。体操服くらい構わんだろ、ヘソくらい見られても減るもんじゃない」

ハルヒ「あんた、ホンっトに自覚ないわね。見なさい、あの男子の下心丸出しの視線を!」

キョン「良いじゃないか。あいつらの目の保養になるんなら」

ハルヒ「…谷口なんて、鼻の下伸ばしてるじゃない」

キョン「あいつはもとよりそういう奴だろ。俺がヘソ出そうが出さなかろうがいつでも伸びてるよ」

ハルヒ「あんたねぇ…そのうち襲われるわよ」

キョン「ははっ、ばっちこいだ。次行こうぜ次」

ハルヒ「まったく!」




162 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 00:57:57.37 ID:CpdA66a2O

キョン「よっ。次は開脚後転だな…。ストレッチしとくか」

ハルヒ「へぇ?あんた意外に身体柔らかいじゃない」

キョン「みたいだな。女の子になってから関節の可動域が広がったみたいだ」

ハルヒ「女の子は柔軟な子が多いからね」

キョン「見ろ、左右に180°広がるぞ」ぺちゃっ

ハルヒ「うわっ!バレリーナみたいね。…ん?」

キョン「ん?」

ハルヒ「キョン!あんたちゃんとブルマ穿きなさいよ!」

キョン「はいてるだろ。何がおかしいんだ」

ハルヒ「はみ出てんのよ、横から!早く直しなさい」




166 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 01:03:03.27 ID:CpdA66a2O

キョン「おお、ハミパンって奴だな。案外自分では気付かないもんだな」

ハルヒ「慣れてないからよ。女の子は誰だって気にしてるわ」

キョン「そんなもんかね…女の子も大変だな、色々と」

ハルヒ「良いからぐだぐだ喋ってないで直しなさい」

キョン「へいへい。こう、指でブルマを正すのって憧れてたんだよな」

ハルヒ「…バカ?」

キョン「俺も男だったからな。女の子がこんな風に指でブルマのお尻の所を直すのを見て、ささやかな幸せを感じたもんさ」

ハルヒ「だったらそんな姿をわざわざ男に見せるな!バカじゃないの?」




167 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 01:06:22.19 ID:CpdA66a2O

キョン「さて、いくぞ?よっこらせっと」

ころん

ハルヒ「やるじゃない。身体も柔らかいし、綺麗な開脚後転だわ」

キョン「わっと。髪が邪魔だな」

ハルヒ「そりゃそれだけ長かったらね。あんた髪質柔らかそうだし」

キョン「これは体育の時不便だな…何か考えないと」




171 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 01:11:14.63 ID:CpdA66a2O

【休み時間】

国木田「キョン、お疲れ様」

キョン「おう、お疲れさん。なんだか新鮮だな、国木田に見下ろされるなんて」

国木田「あはは、キョンはちっちゃくなっちゃってるもんね。身長いくつなの?」

キョン「さあなぁ。この分だと150センチあるかないかじゃないか?」

国木田「へぇ。20センチもちっちゃくなっちゃったんだ」

キョン「みたいだな。ま、これもまた一興だろ。なかなか体験できないぜ」

国木田「それもそうだね。そういえばキョン、体育の時は注目の的だったね」

キョン「?」




172 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 01:14:17.72 ID:CpdA66a2O

キョン「そんなに注目浴びてたか?」

国木田「そりゃあね。そのルックスであんなに動き回ってたら、誰だって見ちゃうよ」

キョン「ああ、逆立ちとか開脚か。まぁそれもそうか」

国木田「ヘソまで出して、開脚もかなり際どかったしね。皆、相当興奮してたみたいだよ。谷口なんか特にね」

キョン「はは、アイツは相変わらずだな。…そういえば国木田、お前も興奮したか?」

国木田「えっ」




179 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 01:19:01.04 ID:CpdA66a2O

キョン「へぇ。やっぱりお前でも興奮するんだな」

国木田「…ま、まぁね。僕だって健康な一男子高校生だからね」

キョン「はは、そうかそうか!じゃあもっと見せてやろうか」

国木田「…え」

キョン「お前とは中学からの旧友の馴染みもあるしな」

国木田「もっと見せるって、どういう…」

キョン「下着くらいなら見られても平気だぞ?見たいか?」

国木田「そ、そりゃあ…見たいか見たくないかで聞かれたら…見たいかな」

キョン「はは、素直だな。心配すんなよ、冗談だ」




180 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 01:19:50.22 ID:CpdA66a2O

あとはまかせた



193 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 01:37:19.58 ID:mjQXhwVQO

?放課後、教室にて?

国木田「ほ、ホントにいいの?」

キョン子「あぁ、構わん。さっきは周りの目線が痛いからな」

モミモミ………

国木田「柔らかいよキョン………」

キョン子「んっっ!!思った以上にすごく感じる………これが濡れるって感覚か」

国木田「はぁはぁ…」

ガラッ!

ハルヒ「ちょっと何やってんのあんた達!!」

キョン子「おぉハルヒ、お前も参加するか?」

ハルヒ「バカじゃないの//帰るわよ!」




197 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 01:45:11.56 ID:mjQXhwVQO

キョン子「お前が一緒に帰ろうなんて言い出すとは珍しいな」

ハルヒ「アンタがあまりに楽観的だからよ。夜道に女の子一人で帰るのは危険なんだから。さっきみたいに襲われても知らないわよ」

キョン子「まさかとは思うが心配してくれてるのか?」

ハルヒ「違うわよ//あくまで団長の身として団員を心配してるだけよ」




222 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 08:52:40.27 ID:gioMqeL2O

部室にて

ハルヒ「アンタはもう女の子なんだからいくら中学からの友人でも男にあんなことさせちゃ駄目よ」

キョン子「そんなもんなのか?」

ハルヒ「そりゃそうよ。アタシが谷口に胸揉ませたり下着見せてたらアンタどう思う?」

キョン子「そりゃ・・・まぁ、な」




223 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 09:02:13.15 ID:gioMqeL2O

ハルヒ「だ、だからって別に谷口は友達ってわけじゃないからね。あんなの火曜サスペンス劇場に出てくる通行人A、こち亀のモブキャラみたいなもんなんだから」

キョン子「あぁ、そう言えば一応は昔の彼氏になるのか」

ハルヒ「!!??・・・どうしてそれを?」

キョン子「前にお前の中学時代のことを聞いたことがあってな」

ハルヒ「べ、べべべ別になにも無かったわよ。その日の夕方には別れたし」




225 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 09:23:28.74 ID:gioMqeL2O

キョン子「ハハッ、ムキになって否定するのが逆に怪しいな」

ハルヒ「うーーーー・・・もぉアホキョンなんてどうなっても知らない。ガチムチの体育会系に男子トイレの一番隅の個室で前も後ろも開発されてオイスター的展開にでもなって公衆便所として学園生活をマンキツすればいいのよ。フンだ」

キョン子(やれやれ、本当に怒らせちまったか)
キョン子「なぁハルヒ、悪かったよ。謝る、この通り」

ハルヒ「うっさい、話かけんな」プィ




236 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 10:03:04.57 ID:gioMqeL2O

キョン子「・・・(気まずいな。誰かくるまで避難しとくか)」

キョン子「・・・トイレに行ってくる」ガタン

ハルヒ「・・・」ムス

部室棟トイレ

ガチャ

キョン子「やれやれ団長様のご機嫌はいつ戻ることやら。長門か朝比奈さん辺りになんとか・・・」

サッカー部員A(以下部員A)「・・・なんだこの女?」

サッカー部員B(以下部員B)「ここは男子便所だぜ?」




238 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 10:08:49.86 ID:gioMqeL2O

サッカー部員C(以下ry)「もしかしてこいつアレじゃね?ほら、一日で女になったっていう」

キョン子(ヤバい、いつもの習慣で男子トイレに)
キョン子「ハハッ、間違えました。じゃあこれで」

部員A「おいおいこいつ滅茶苦茶可愛くね?」

部員B「そうだな、顔も良いし、背も低いでもオッパイはデカい・・・何よりポニーテールだしな」

キョン子(そこなんだ。でもポニーテール好きのとこは評価するぞ。いやまて、なんだこの流れ)




240 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 10:27:13.43 ID:gioMqeL2O

部員C「放課後・・・体育会系・・・男子トイレに迷い込んだ美少女・・・この後の展開は」

部員A「そうだな・・・」ジュルリ

キョン子(おいおい短略的すぎるだろ・・・ハッも、もしかして)

部員ABC『オイスター的展開だな』

キョン子(ハルヒの願望実現能力!!??)




241 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 10:37:33.23 ID:0+X+dh++O

オイスターw


247 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 10:48:00.27 ID:gioMqeL2O

部員A「ちょうど隅の個室だけ空いてるぜ?」

部員B「まじかよ・・・これぞ神の思し召しってやつか?」

部員C「おぉ我らの全知全能の神よ・・・ザーメン」
部員AB「ザーメンwwwバカスwww」

部員B「フヒヒ」




248 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 11:12:09.58 ID:gioMqeL2O

キョン子(なんだこいつら、でも全知全能の神ってのは間違いではないなウン。いや待て冷静にツッコンでる場合じゃないだろ)
キョン子「お前ら、俺は元男だぞ?そんなの相手にしたら気持ち悪いだろ?」
部員A「俺だと?・・・俺っ娘とか最高に萌えるんですけど?www」

部員B「元男?・・・そうだな女の子がこんなに可愛いハズないからな」

部員C「いいから早いとこやっちまおうぜ」

部員A「そうだな」




252 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 11:30:24.00 ID:gioMqeL2O

キョン子「(そうだ、隣の個室に)誰か入ってますよね」ドンドン

キョン子「助けて下さ」バシィ
キョン子「キャッ・・・い、痛い」

部員A「ガタガタ五月蝿ぇんだよ。いい加減諦めろや」

部員B「おいおい女を殴るなよww」

部員C「誰が入ってるか知らねぇけど静かにしてたら後から楽しませてやるからよ」


キョン子「ヒッ・・・だ誰か・・・助け・・・」




254 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 11:49:33.58 ID:gioMqeL2O

隣の個室「・・・・・・」

キョン子「・・・ヒック」ガタガタ

部員A「泣いたって無駄だよ。騒がなけりゃヒドくはしないからよ」

キョン子(ハルヒの願望実現能力は絶対・・・女になって浮かれてたけどまさかこんなことになるなんて)
キョン子「・・・」コクン

部員A「これで同意の上でだなフヒヒ」




256 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:05:18.55 ID:gioMqeL2O

同時刻 文芸部室

古泉「失礼します・・・おや麗しの我が姫はおいででない?」

ハルヒ「なによ、古泉君まであんな奴のことちやほやして」

古泉「おや失礼・・・私は女王様の忠実な部下ですよ。さしずめ朝比奈さんはメイド、長門さんは王国付きの魔法使いといったところでしょうか?」

ハルヒ「ふん調子いいのね。まぁいいわあんな奴のことは」




258 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:10:50.03 ID:gioMqeL2O

古泉「なにかおありで?」

ハルヒ「別に・・・あいつが私をからかったから男子トイレで公衆便・・・ちょっと酷い目に遭えばって言っただけよ。」

古泉「・・・で彼、いやキョン子さんは?」

ハルヒ「・・・トイレに行くって出てったわ。そう言えば長いわね。大きいのかしら?」

古泉「な、なんてことを」ガタン




259 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:16:59.49 ID:gioMqeL2O

古泉「これはまずいですね・・・僕もトイレに」

ハルヒ「ちょっとなによ古泉君まで」ムカムカ

男子トイレ

キョン子「シクシク」

部員A「まじ興奮してきた。ちんぽバキバキだぜ」

部員B「だな、まさかこんな成人向け漫画みたいなことがあるとはな」

部員C「お前そんなの読んでるのかよww」

部員B「うっせ、たまにだよ」

ガチャガチャ・・・バンッ

古泉「お待ちなさい」




262 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:23:37.06 ID:gioMqeL2O

キョン子「こ、古泉・・・助けに?」

部員A「誰だお前・・・今は貸し切りだっつーの」

部員B「なんだ彼氏か?俺らの後なら使わせてやるぜフヒッ」

古泉「それには及びません、全員ぶちのめしてあげますよ」

部員C「なんだと、ボコボコにして女のヤられてる様を見てセンズリこかしてやんよ」

古泉(なんてエロ漫画的思考ですかまったく)
prrrrr




263 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:24:10.84 ID:tPLpvCS7O

古泉KAKKEEEE




264 名前: sage 投稿日: 2009/07/21(火) 12:28:52.53 ID:r6ApkymJ0

古泉キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!



265 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:28:55.53 ID:gioMqeL2O

古泉「・・・失礼、電話です。もしもし・・・え?特大の閉鎖空間が?いや、今はちょっと。ハ、ハイ。わかりました。・・・失礼バイトが入りましたので僕はこれにて」ガチャバタン

キョン子「こ、古泉???」

部員A「なんなんだ?まぁいいやこれで邪魔者はいなくなったな」

キョン子「・・・もう駄目だシクシク」

長門『・・・聞こえる?』




266 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:30:34.40 ID:tPLpvCS7O

古泉つかえねぇwwwwww



267 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:31:32.32 ID:6FAzVukX0

つかえねえw



268 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 12:33:01.80 ID:ok+cIuFkO

ひでぇwwww



269 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:34:48.52 ID:gioMqeL2O

キョン子「!!??長門か?今どこに?」

部員C「なんだいきなり喋りだしたぞ」

長門『長門ではない有希と呼んで・・・あなたにしか聞こえないように喋っている。あなたも考えるだけで私に伝わる。いわばテレパシー』

キョン子『わ、わかった。大変なことになっているんだ、助けてくれ』

長門『状況は把握している。これはなかなかないエロ漫画的現象、胸が高まる』




270 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:38:16.10 ID:mmotpJ7m0

ながもんwwwwwwww



271 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:38:30.06 ID:F85anBf9P

また糞宮か



272 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 12:40:12.81 ID:ZyIiDnFh0

駄目だこいつら、はやく何とかしないとww



273 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:41:11.21 ID:gioMqeL2O

キョン子『なにを悠長な事を・・・貞操の危機なんだ。今どこにいる?・・・ヒッ、首筋を舐められたぞ。早く助け・・・』

部員A「諦めたみたいだな、さぁやるか」ベロォォォ

部員B「どれどれパンツは?」ピラッ

部員C「誰が一番にやるよ?」

長門『あなたの隣の個室にいる』

キョン子「なん・・・だと?」
┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙┣゙




275 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:48:22.71 ID:gioMqeL2O

長門『部室で読書をする以外にも部室棟男子トイレで本を読むこともある。この場所では様々なドラマが生まれる可能性が高い』

キョン子『いろいろツッコミたいがまぁいい、助けてくれ。それも早く、もぅ俺のパンツ下げられてる・・・なんかベルトをカチャカチャやってチャックがジイィィィって・・・デカッ』

長門『そんなに細かく伝えなくても先程からこの目で確認している。上を見て』
キョン「長門ーーーー見てないで助けろ。なんだそのビデオは?」




276 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 12:55:21.50 ID:gioMqeL2O

部員B「なんだ、誰かいんのか?」キョロキョロ

長門『不可視スクリーンを張ってある。あなたにしか私は見えない。しかし私の使命は観測にある。よって助けることは出来ない。わかって』

キョン「わかるかーーーー」ッ

長門『大丈夫、しっかり録画する。手ブレ補正モードON、周囲の空間つまりこの男子トイレを周辺空域より隔離、よって邪魔は入らない。楽しんで』ドキドキ




277 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 12:57:14.45 ID:UCsxy98AO

長門さんのGOサインがでたぞ!



278 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 13:01:12.64 ID:gioMqeL2O

キョン子『もぅ駄目だ・・・このままバキバキに犯されて録画されて某巨大掲示板に晒されて祭られて・・・生きてけないな』シクシク
部員A「じゃあまずお口でご奉仕してもらうかな」

長門『異常事態、隔離空間に何者かが強制アクセス・・・ん、駄目・・・突破される?』

ボガァァァン

部員C「なんだ、邪魔しやがって」

キョン子「朝・・・倉?」

仕事なんでまた暇みて投下します



289 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 15:06:32.28 ID:gioMqeL2O

長門『コードネーム朝倉涼子、あなたは私のバックアップにすぎない。邪魔をしないで』

朝倉「ごめん、それ無理」

キョン子「朝倉・・・助けに?どうしてここが?」

部員A「ぐだぐた喋ってんじゃねーーーー・・・おい眉毛、早く消えないとお前もグベェ」バキャ

部員B「何しやが・・・ヒデブ」ボコォ

朝倉「・・・いつまでも汚いもの晒してるんじゃないわよ」シャキーン




290 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 15:12:41.48 ID:gioMqeL2O

キョン子「おい、いくらなんでもナイフはまずい」

部員C「ひ、ひいぃぃぃ」ダダダダダ

朝倉「逃げられちゃった・・・キョン君、いやキョン子ちゃん大丈夫?」

キョン子「うん、ありがとう助かった。本当にありがとう・・・どうしてここが?」

朝倉「長門さんに用があって部室にいなくて・・・そうしたら隔離された空間があってピーンときてね・・・キョン子ちゃんは可愛いから変な男に言い寄られて困ってるんじゃないかって」




292 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 15:18:11.74 ID:gioMqeL2O

キョン子「・・・まさかハルヒの力でこんな目逢うなんてな。それより長門・・・どうゆうつもりだ?」

長門「有希って呼・・・仕方のないこと。これは情報統合思念体の望んだ事・・・一端末にすぎない私には断れない。信じて」

キョン子「そうなのか?・・・そうだよな、でも本当に危なかったんだぞ」

長門「ごめんなさい」

朝倉「・・・キョン子ちゃん、全部嘘よ。そんな指令受けてないわ」




293 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 15:31:50.17 ID:Cc3fya2gO

この有希ちゃんは悪い子



295 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 15:42:07.89 ID:yxaCg8A0O

支援

564630.jpg



301 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 16:31:36.97 ID:gioMqeL2O

キョン子「・・・どうなんだ長門?」

長門「有希と・・・彼女は以前あなたを殺そうとした・・・信じては駄目。パーソナルネーム朝倉涼子の連結解除を申請」

朝倉「長門さん・・・無駄よ。情報統合思念体の意思に背いたあなたは既に能力の95%を制限されているわ。私の侵入を許した時に気づくべきね。つまりあなたが私のバックアップってことよ。」

長門「(非常にマヅい)最後には助けるつもりだった。」




309 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 17:23:26.30 ID:gioMqeL2O

キョン子「最後じゃ遅いだろ・・・信じてたのに」

朝倉「・・・なにか煮え切らないわね。長門さん、あなたもしかして革新派に取り込まれたんじゃない?」

長門「・・・」フルフル

キョン子「どういうことだ?」

朝倉「つまりあなたを男子生徒に襲わせて涼宮ハルヒにショックを与え・・・情報爆発を起こさせる。昔の私みたいにね。」




310 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 17:35:55.23 ID:gioMqeL2O

長門(どうしてこんなことに)「・・・」ダラダラ

キョン子「長門、そうなのか?本当のことを教えてくれ」

朝倉「・・・革新派に取り込まれたなら始末しなきゃいけないわね。大丈夫、痛くしないから」シャキーン

長門「・・・」ビクッ

長門「・・・あなたが成人向け漫画的現象に陥りそれを録画して後から楽しみたかった。」

キョン子「よくわからん、つまりどういうことだ?」

長門「新しい自慰のネタが欲しかった。今回の現象があれば当分は困らない。」




316 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 17:58:17.16 ID:gioMqeL2O

朝倉「・・・最低ね。」

長門「あなたの趣味の方が酷い。聞いて、彼女は同性あ・・・(喋れない)」パクパク

朝倉「そんなにエッチな展開が希望なら自分で味わったらどう・・・そこの人達もじきに起きるでしょ。体の動きを制限させてここに置いてきぼりにしてあげる。行きましょ、キョン子ちゃん」

キョン子「で、でも・・・」

朝倉「この子は少し痛い目に合って懲りるべきなのよ」




327 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 18:50:24.45 ID:gioMqeL2O

長門「(助けて)」パクパク

廊下

キョン子「・・・あんな長門でもやっぱり黙って見過ごせないよ。助けてくる」

朝倉「フフッ、大丈夫よ。さっきのは脅し。すぐに動けるようになるわ」

キョン子「そっか、良かった。朝倉って優しいんだな」

朝倉「女の子同士なんだし涼子でいいわ・・・あなたの方が優しいわキョン子ちゃん。あんな目に遭わせた長門さんを心配するなんて」




329 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 18:57:34.04 ID:gioMqeL2O

キョン子「いろいろと世話になってきたしあいつもストレス溜めるタイプだしな。」

朝倉「信頼してるのね・・・羨ましいな、そういうのって・・・私は前のことがあるから」

キョン子「朝・・・涼子」キュンキュン

朝倉「ごめんね、今のは忘れて」

キョン子「・・・そんなことない。これからはお前も信じる。前の時は仕事だったんだもんな、しょうがない。俺はそう思う」




330 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 19:03:18.22 ID:gioMqeL2O

朝倉「キョン子ちゃん・・・ありがとう」グスッ

キョン子「なんで泣くんだよッ」

朝倉「嬉しくって。えへへ・・・さ、部室に戻って涼宮さんにお仕置きしましょ」

キョン子「お仕置き?元々俺にも非があるしあんまり酷いことは・・・」

朝倉「そんなんじゃないわ。ちょっと耳を貸してゴニョゴニョ」




331 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 19:10:40.90 ID:gioMqeL2O

文芸部室

ハルヒ「まったくどうなってるの。みくるちゃん以外まともに来ないじゃない」プンスカ

コンコン ガチャ

みくる「は?い、どうぞ?・・・え?キョン子ちゃんどうしたんです?その格好、ボロボロじゃないですか?」

ハルヒ「えっ?キョンがどうかしたの?」ガタン

朝倉「キョン子ちゃんはちょっとショックが大きいみたいだから私が説明するわ。」




333 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 19:24:15.82 ID:gioMqeL2O

さっきのゴニョゴニョ話

朝倉「つまり涼宮さんにはあなたが男子トイレに連れ込まれて乱暴されそうになったって教えるわ。もちろん途中で私が助けて大事には到らなかったことにするけど・・・」

キョン子「・・・ハルヒは自分の発言のせいではないにしろ少しは責任を感じて今後は俺を強姦させるようなことは言わなくなるってとこか?」

朝倉「当たりッ。キョン子ちゃん頭良くって好きよ。」チュッ

キョン子「おいおい///・・・答えが出てたようなもんじゃないか」




334 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火)
19:35:15.32 ID:gioMqeL2O

朝倉「じゃあ最後の仕上げするわね。あとから直してあげるからね」

キョン「え?ちょっ・・・どこ触って、やめ・・・んっ」ビリビリ

文芸部室

朝倉「・・・ってことがあったのよ。」

ハルヒ「そんな・・・本当に襲われるなんて」

朝倉「あなたは悪くはないわ、でも彼女も女の子なんだから冗談でもオイスター的展開になれとか言っちゃダメよ。ね?」

ハルヒ「うん・・・ごめんね、キョン」シクシク




337 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 19:45:43.14 ID:gioMqeL2O

キョン子「ううん、俺も言い過ぎた。謝るよ、ゴメンなハルヒ」

ハルヒ「・・・キョン」

朝倉「ふふっ・・・仲直りも済んだし一件落着ね。このままじゃキョン子ちゃん帰れないし私の家で替えの制服貸してあげることにするね。さっ行こっか」

キョン子「うん・・・ありがとう涼子///じゃハルヒ、今日は帰るね」

ハルヒ「うん・・・気を付けてねキョン」ションボリ




338 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 19:53:44.83 ID:gioMqeL2O

ハルヒ「朝倉さんっていい人ね・・・今まで気付かなかったわ。」

みくる「そうですか??わたしには薄汚い女狐に思えましたけど?胡散臭いにもほどがあります?」

ハルヒ「ちょっと、みくるちゃん聞き捨てならないわね。キョンの恩人に向かってなんてこと言うの?そんなことを言う口はこうしてやるわ」ギューギュー

みくる「ふえぇえぇん痛いです?涼宮さん止めて下さい??」

廊下

朝倉「ハックチュン・・・嫌ね。風邪かしら」ズルズル




339 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 19:59:47.80 ID:soylUzZv0

みくる腹黒すぎワロタww


340 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 20:09:04.95 ID:gioMqeL2O

キョン子「きっとあいつらが涼子っていい人ねって噂してるんだよ。」

朝倉「意外ともうバレてて性悪女って噂してるのかも」

キョン子「ププッ」

キョン子、朝倉「フフフ・・・アハハハッ」

部室棟男子トイレ

長門「・・・襲われはしなかったが未だに身動きはとれない。外部との連絡手段もない。お腹減った」グウゥゥゥ

長門は便座とTFEI端末との間でそのうち考えるのをやめた。




344 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 20:33:53.53 ID:gioMqeL2O

朝倉のマンション

朝倉「さっ上がって・・・散らかってるけど」

キョン子「長門の部屋はよく行くけど涼子の部屋って初めてだな、なんか緊張する・・・って全然汚れてないじゃないか。長門の部屋みたいな感じかと思ったら全然違う、なんか女の子の部屋って感じね」

朝倉「そりゃ女の子ですもの。お風呂沸かしちゃうから入っちゃって。制服は直すから籠に入れておいて」

キョン子「いいよ・・・服借りたらすぐ帰るし。そこまで迷惑かけられない」

朝倉「迷惑なんかじゃないわ・・・それに今帰ったらまた男に襲われて公園に連れ込まれたりするかも。」




345 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 20:40:14.89 ID:gioMqeL2O

キョン子「ハルヒはもうそんなこと望んでないと思うけど・・・」

朝倉「でも可能性は0じゃないわ。お家には私が電話しとくから・・・今日は泊まってって」

キョン子「涼子がそこまで言うなら、じゃお世話になるよ。お風呂借りるね」

朝倉「ごゆっくり」ニヤリ

朝倉宅風呂場

キョン子「はぁ???今日はいろいろあって疲れたな。まさか男に襲われるのがあんなに怖いとは・・・思い出したら寒気が」ブルブル
朝倉「キョン子ちゃん?入るわよ?」




347 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 20:58:33.33 ID:gioMqeL2O

キョン子「えっ?ちょっと待っ・・・うおっ既に全裸かよ」ゴクリ

朝倉「女の子同士なんだから恥ずかしがらなくてもいいじゃない。長門さんとはよく一緒に入ってるわよ」

キョン子「そんなもんなのか・・・いやでも俺、心はまだ男なわけで。」ブクブク

朝倉「そうかしら、今朝に比べて言葉遣いも女の子みたいになってるわよ。」ザバァ

キョン子「このサイズの浴槽に二人は狭・・・///」

朝倉「へーきへーきっ」




349 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 21:10:40.14 ID:gioMqeL2O

朝倉「じゃお互いに洗いっこしよっか?」

キョン子「・・・ちょっとそこまではさすがに///」
朝倉「もぉ?恥ずかしがり屋なんだから・・・(でもそこが堪らなく可愛い)」ウヘヘ

キョン子「!?涼子・・・今なんか凄く邪悪な顔になったけど」

朝倉「(ヤバッ)え?そう?たぶん眉毛のせいね、よく言われるのよ?。」

キョン子「そう、見間違いかな(・・・)」ドキドキ




354 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 21:41:34.44 ID:gioMqeL2O

朝倉(危ない危ない・・・キョン子ちゃんの裸体を目の前にして気を抜いたわ。今は些細なミスさえ許されない・・・一瞬の気の緩みが命取りになるわ)
朝倉(それにしてもなんて愛らしい顔、髪の毛もツヤツヤしてるし、背は小さいのに出るとこは出て引っ込むとこは引っ込んでる体つき・・・)ゴクリ

キョン子(なんかさっきから涼子の目ツキが)ドキドキ




356 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 21:48:07.60 ID:gioMqeL2O

朝倉(それにあの胸・・・反則よあんなの。凄く大きいのに形は崩れてないしとてもキレイ・・・色素もピンクだしとっても張りがありそう・・・正にバストレヴォリューション)グヘヘ

キョン子(またあの邪悪な顔に!?)

朝倉(今にあの愛くるしいキョン子ちゃんが私の物にッ)ブシューボタボタ

キョン子「涼子ッ、鼻血が溢れてお風呂が血の池地獄みたいになってるわよッ」




358 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 21:54:26.15 ID:gioMqeL2O

朝倉「あらやだ逆上せたかしら」ウフッ

キョン子「・・・先に上がるね」コソコソ ガチャ

朝倉(お尻も可愛い///)ブシュー

キョン子「・・・なんかさっきから嫌な予感がする。ううん、きっと気のせい。友達を疑うなんて」ゴソゴソ
朝倉『キョン子ちゃ?ん、籠に着替え入れといたから?』

キョン子「ありがとう・・・ってなんでYシャツとパンツしかないんだ」




359 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 22:01:42.11 ID:gioMqeL2O

ガチャ

朝倉「ごめんなさい、ブラジャーはサイズ合わなそうだし。明日の朝には洗っておくから、今夜はノーブラで我慢して」

キョン子「うん・・・でもなんでYシャツ?下はなにかないかな?パンツだけじゃ恥ずかしいよ」

朝倉「・・・いいから着てみて着てみて」

キョン子「う、うん」ガサゴソ シュッ

朝倉「Oh・・・much beautiful」ブシュータラタラ

キョン子「涼子、鼻血鼻血ッ(なんで英語?)」




360 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 22:06:37.72 ID:gioMqeL2O

朝倉「ね、ね、そこでフワっと一回転してみて。お願い」ハァハァ

キョン子「・・・(なんかさっきから様子がおかしい・・・でも。ううん気のせい気のせい)」クルッ

朝倉「グハッ・・・なんたる破壊力・・・これは取り調べが必要ね」ハァハァ

キョン子「気のせいじゃなかった!!??」

朝倉「キ、キョン子ちゃん、ご飯にしましょ」ハァハァ

キョン子(なんとか隙を見て逃げなくちゃ)




363 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 22:12:50.13 ID:gioMqeL2O

朝倉「・・・ハイ、今日のご飯はオデンよッ」オデーン

キョン子「あ、・・・ありがとう(なんで涼子はパンツとエプロンしか着けてないのよ。この家にはまともな衣類がないの!?)」

朝倉「ハイ、キョン子ちゃん・・・あ?ん」

キョン子(なんかいろいろ隠さなくなってきたな。ともかくこのままじゃ危ない。でも下手に抵抗したらもっと危ないかも)
キョン子「ありがと。」パクッ




365 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 22:18:58.38 ID:gioMqeL2O

朝倉「・・・じゃ次は竹輪ね・・・あ?ん」

キョン子「ねぇねぇ涼子・・・ポッキーゲームみたいに竹輪を両端から食べよっか///」

朝倉「なん・・・だと!!??(まさかキョン子ちゃんの方から積極的に)」

キョン子「・・・恥ずかしいから先にくわえて待ってて・・・あと目もつぶってて欲しいな」

朝倉「うんうん待ってる待ってる」パクッ ジーッ ドキドキ
朝倉マンション前の道路

キョン子「ハァハァ・・・危ないとこだった」




368 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 22:27:24.83 ID:gioMqeL2O

キョン子「冷静に考えたらよくわかることだったのに・・・危なかった。なんか口調も変わってたしな、意識するってのは恐ろしいぜ。」

キョン子「・・・携帯だけ持って逃げたけどさすがにこの格好は危ないな。でも早く逃げないとすぐに見つかってしまう」

キョン子「・・・長門は危ないか?とりあえず近いし電話を」trrr trrr trrr ガチャ

長門『もしも?し有希リンです☆ごめんね今、電話に出れないのグスン・・・発信音の後に貴方の思いの丈をぶつけて。私・・・待ってるから』ピー--ッ




369 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 22:32:46.37 ID:gioMqeL2O

キョン子「・・・あ、うん・・・また電話する」ガチャ
キョン子(なんだあの留守電の応答メッセージ・・・意外ってレベルじゃねぇゾ)

キョン子「長門はまだ帰ってないのか・・・まぁあの留守電聞いた後じゃどんな顔して合えばいいかわかんないしな。他に頼れる人は・・・朝比奈さんとかどうだろう」trrr trrr trrr




371 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 22:41:45.48 ID:gioMqeL2O

みくる「あ、キョン子ちゃんですか??どうしたの?こんな時間に?」

キョン子「朝比奈さん、良かった。ええと朝倉に頼って着いていったら大変な目に遭いそうになってですね・・・」

みくる「だと思いました?朝倉さんってば滅茶苦茶怪しかったですよ。涼宮さんは信じてくれなかったんですけどね?」

キョン子「今大丈夫ですか?急いで逃げてきて着てるのがYシャツとパンツだけでして」

みくる「え?今はちょっと・・・アンッ、ヤメッ。今・・・電話ちゅ・・・んっ、アッ・・・ん・・駄目だったら」




374 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 22:49:02.75 ID:gioMqeL2O

キョン子「・・・・・・」ガチャ
キョン子(あれ、なんか目から涙が溢れて・・・グッバイマイファーストラブ)ゴシゴシ

キョン子「朝比奈さんの事はもう忘れよう・・・他に頼れる人・・・古泉、谷口、国木田はちょっと無理だな。なんか恐ろしい」ブルブル

キョン子(あとはハルヒ・・・佐々木ぐらいか?佐々木の方がまだ安心かな)trrr trrr trrr

佐々木「もしもし」




377 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2009/07/21(火) 22:53:37.19 ID:3mmX35Ky0

どう考えても佐々木が一番危ない



380 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 22:58:12.62 ID:gioMqeL2O

キョン子「あぁ佐々木か?良かった通じて・・・」

佐々木「ん?キョンから電話と思ったけど誰?イタヅラなら他の人にしてよ。私は塾で忙しいんだから・・・せっかくキョンから電話かと思ったから電話に出たのにフンッ」ガチャ

キョン子(そっか佐々木は俺が女になったって知らないのか・・・てか今の佐々木か?えらく印象が違うな)prrr prrr prrr ガチャ

キョン子「佐々木、聞いてくれ俺だ。お前は知らないと思うが今朝から女になっちまったんだ。信じてくれ」




382 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 23:05:36.07 ID:gioMqeL2O

佐々木「・・・そうやって私の知らない女の子を使ってからかおうっていうのね・・・誰か知らないけどそこにキョンがいるんでしょ?替わって」

キョン子「佐々木だから俺が・・・」

佐々木「・・・私の気持ちも知らないでこんな酷いイタズラ・・・もうキョンなんて知らないグスン」ガチャ

キョン子「佐々・・・」プーップーッ

キョン子(いつもの佐々木と違ったな。泣かしちゃったな。今度謝ろう。でも佐々木の気持ちって一体?)




385 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 23:10:46.79 ID:gioMqeL2O

キョン子(なんか今日は親しい人の違う面ばっか見ることになったな・・・明日から複雑な心境で会わなきゃな)

キョン子「それよりも今夜をどうにかしなくちゃ・・・そうだ鶴屋さんはどうだろう。あの人なら女になったことも知ってるだろうし細かいことも気にしなさそうだ」prrr prrr prrr




392 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 23:17:04.54 ID:gioMqeL2O

鶴屋さん「おっす・・・キョン君、いやキョン子ちゃんだっけか?どうかしたニョロ?こんな時間に」

キョン子「良かった、鶴屋さん。え?とかくかくしかじかなんですが。とても困ってまして」

鶴屋さん「そいつは大変っさ。すぐ迎えに行くよ、今どこだい?」

キョン子「ありがとうございます(良かった話が早い)・・・え?とここは・・・」ピーッピーッ

キョン子「あれ?鶴屋さん・・・って電池が切れたーーーッ」




394 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 23:24:04.47 ID:gioMqeL2O

キョン子「ヤバいヤバい・・・とにかくここから離れよう」タタタタタッ



キョン子(ハァ?充電しようにも財布持ってないし、家に帰ろうにも遠いし・・・何しろこの格好じゃあな。危なくてとても無理だな)トボトボ

キョン子「・・・どっかで明るくなるまで隠れて待つかハァ」トボトボ

キキィーーーーブーーン

キョン子「!?」

ヴィィィィン

新川「探しましたぞ」




395 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 23:31:59.02 ID:gioMqeL2O

キョン子「新川さん・・・どうして?」

新川「もともと古泉から話は伺ってましてね。それに鶴屋財閥のご令嬢から機関に連絡がありまして。あなたを探して欲しいと・・・それで探知したらこの辺りにいるかと思いまして・・・まぁお乗り下さい」ガチャ

キョン子「はぁ、鶴屋さんが・・・失礼します。」(助かった・・・のか?)

新川「機関にお連れ致します。シートベルトをお付け下さい」

キョン子「はぁ・・・わかりました」(疑っちゃいけない・・・でも俺の第六感がシートベルトをするなと全力で訴えているッ)




399 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 23:41:53.43 ID:gioMqeL2O

新川「ではお連れします」ブーーン ポチッ ウィィイン

キョン子「なんだこのガラス、後ろ側に閉じ込めるつもりか?」ドンドン

新川「こちらニューリバー、対象を確保。直ちに本部に戻る」ザーザー

古泉『こちら本部、了解した。』ザーザー

新川「ということです。では睡眠ガスを使わせていただきます。」ポチッ ブシューー
キョン子「そうはいくか




402 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 23:49:40.40 ID:gioMqeL2O

新川「なんと・・・シートベルトをしてなかったのですね。私としたことが迂闊でした。ですがドアは中から開きません、諦めて下さいませ」ブシューー

キョン子「ゴホゴホ・・・確かにこのままじゃマズい・・・うおぉおぉ」ガシャーーン ガチャ バッ・・・ゴロゴロゴロ

新川「携帯電話で窓を・・・そして外からドアを?そこまでするとは・・・ハッいけません。」キキィイィ

新川「あまりスピードは出てませんがあの衝撃なら遠くには逃げれないでしょうに」タッタッタッ




405 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/21(火) 23:56:08.27 ID:gioMqeL2O

新川「いませんね・・・本部、こちらニューリバー・・・対象をロスト、繰り返す対象をロスト・・・」


キョン子(・・・もぅ駄目だ。全身が痛いし、逃げる気力もない・・・なんで機関が俺を)ドサッ

ジャリジャリジャリ

キョン子(・・・誰か近づいて来る。もぅどうにでもしてくれ。俺は逃げない、てか逃げれない)

藤原「ふっくっく、ボロボロだな。まるで死にかけのゴキブリみたいだ」




409 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/22(水) 00:06:31.06 ID:kgwKjX84O

キョン子(なんでこいつが・・・)
キョン子「なんだ、笑えよ・・・散々な目に遭ってボロボロだよ。どうとでもしてくれ」

藤原「・・・弱ってる女を痛めつけるのは趣味じゃない。周防・・・治してやれよ」

九曜「ーーーホイーーーミ」ピカーーッ

キョン子「うっ・・・痛みが引いてく・・・変な呪文かと思ったら改変か?よくわからないが礼を言うよ、ありがとう」

九曜「ーーー気にーーーしないで」

キョン子「どうして俺を?」

藤原「話すと長くなる・・・それに禁則だ」




412 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/22(水) 00:12:30.58 ID:kgwKjX84O

キョン子「そうか・・・助けてもらったし深くは聞かない」

藤原「しおらしくしてれば見れる顔だ・・・一つ言うなら心配しなくても近いうちに男に戻れる。」

キョン子「・・・いいのか喋っても。そこは重要なとこだろ?」

藤原「・・・かもしれないにしておく。可能性だ。フフン、まったく下らない事だな。男が女になったりなど。付き合いきれない。周防は置いていく、家まで送ってもらえ」




413 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/22(水) 00:19:19.10 ID:kgwKjX84O

キョン子「・・・お前にも礼を言っておくよ。助かった」

藤原「・・・規定事項だ。じゃおわかれだ」ジャリジャリジャリ

キョン子「いいやつなのか?えーーーと周防、悪いけど家まで送ってくれるか?」

九曜「ーーー九曜ーーーって」

キョン子「あぁ・・・九曜。家まで送って欲しい、わかるか?」

九曜「コクリーーー手をーーー握って」

キョン子「こうか?」ギュッ

九曜「ーーールーーーラ」バビューーーン




417 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/22(水) 00:28:44.03 ID:kgwKjX84O

キョン子「うおぉおぉっ・・・空を・・・飛んで」

バビューーーン スタッ

九曜「ーーー到ーーー着」

キョン子「ありがとう・・・ってどこだよここは?少なくとも俺の家じゃない。・・・てかこの景色地球上なのか?」

九曜「ーーー我がーーー家ーーー天蓋ーーー領域」

キョン子「ウオォオォイ・・・待てぃ、普通は家に送るっていったら俺の家に送るだろぉおぉお?」

九曜「ーーーあなたの家ーーー知らない」グスン

キョン子「・・・確かにそうだが・・・さすがにこっからは一人じゃ帰れないしな」




418 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/22(水) 00:35:59.93 ID:kgwKjX84O

九曜「ーーー泊まるーーーもしくはーーーバシルーラ」

キョン子「なにそれこわい・・・わかった、九曜がいいなら泊めてくれ」

九曜「ーーー嬉ーーーしいーーー着いてーーーきて」ニパー

キョン子「天蓋領域ってどこにあるんだろう?それにこの景色・・・妹に石でも持って帰ってやるか。なんかキレイだし」トコトコ

九曜「おかーさーん、おとーさーん、お友達連れてきたのー」

キョン子「なん・・・だと・・・普通に喋ってやがるッ」




421 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/22(水) 00:43:08.53 ID:kgwKjX84O

九曜パパ(以下パパ)「よく来てくれました。いやはや地球からのお客様なんて初めてですよ」

九曜ママ(以下ママ)「そうですね、あなた。九曜を地球に向かわせたものの娘ときたら本当に小さい頃から内気で」

九曜「おかーさんったらそれは言わないでよ」

パパ「なんにせよよく来てくれました。良かったら地球の話しでもお聞かせ下さい」

キョン子「は、はぁ」(なんだろう・・・凄くいい人みたいだが九曜より更に黒い靄みたいで認識できない)




424 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/22(水) 00:49:02.44 ID:kgwKjX84O

パパ「ここでは時間の概念はありません。まぁゆっくりしていって下さい」

ママ「お腹はすいてないかしら?九曜が帰ってくるって聞いたから急いで料理したのよウフフ」

九曜「キョンちゃんご飯どうするー?」

キョン子「・・・ありがとう、でも少し休ませてくれないか?色々あって疲れたよ」

パパ「では寝室を用意しよう・・・九曜案内してあげなさい」

九曜「ハーーイ」




426 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/22(水) 00:55:45.23 ID:kgwKjX84O

九曜「ところでキョンちゃん、素敵な服ね。凄く似合ってるよっ」

キョン子「あぁ・・・ありがとう。でもこの服はもう懲り懲りだよ。いつか彼女が出来ても今日のトラウマで着せることも出来そうにないなハハッ」

九曜「ふーーん、あたしも着てみようかな。えいッ」ボワン

九曜「お揃いだねっエヘヘ」クルッニパー

キョン子「・・・やっぱ裸Yシャツにパンツのみってのは男のロマンだな。うん」




428 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage] 投稿日: 2009/07/22(水) 01:03:23.71 ID:kgwKjX84O

九曜「この部屋よ。地球の寝室に似せてあるから大丈夫だと思うけど」

キョン子「いろいろありがとうな九曜」

九曜「いいのっ・・・じゃおやすみーっ」クルッ ニパー

キョン子「おやすみ(やっぱ裸Yシャツは最高だぜ)」

キョン子「ぐーぐー・・・んがっ・・・ふわぁ・・・よく寝たな」

キョン子「ってなぜ九曜が横に寝てるんだ?」

九曜「///キョンちゃん・・・おはよ」モジモジ

キョン子「なぜ顔を赤らめる?」



その2へ



[ 2009/07/23 14:40 ] SS 涼宮ハルヒの憂鬱 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(0)

コメントいっぱい書き込んで










管理者にだけ表示を許可する



● みことちゃん を救う会からのお知らせ ●
御坂美琴
みことちゃんは生まれつき帯電体質で
一定期間毎にレールガンを発射しなければ、弱ってしまいます。

レールガンを発射させるには、本人以外の第三者からの
莫大な応援エネルギーがかかります 

みことちゃんを救うために
アニメランキングのクリックや
コメントの書き込みが必要です

どうか読者の皆様ご協力をよろしくお願いします









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。