美容 求人 医師 求人 萌通新聞 ハルヒ「さぁ、狩りに行くわよ!」その2
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(-)

ハルヒ「さぁ、狩りに行くわよ!」その2

e8e8df2b.jpg

35 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 19:01:06.26 ID:Njk9JQDO
投下します

>>34
とりあえずありがとう


さてさて

朝比奈さんの一撃により、見事{イャンクック}を仕留めた俺達は剥ぎ取りをした。
後でギルドからも報酬アイテムも追加してくれるようだ。

ハ「村に戻るのはメンドイわね!…ちょっと話してくる!」

と{イャンクック}を受け取りに来ていた人たちの所へ、走っていった。

しばらくして

ハ「[密林]のクエストを幾つか受注してきたわ!」

キ「おいおい、無茶苦茶言ったんじゃないだろうな。」

ハ「大丈夫よ。ちょっと締め上g…。それよりどれからやる?」

キ(やれやれ…)


36 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 19:02:33.27 ID:Njk9JQDO
ハルヒは、[キノコ納品]やら[ランポス狩猟]、[ドスランポス狩猟]など、様々なクエストを持ってきていた。

みんなでそれぞれ手分けしたり、協力したりしながら、クエストを消化していく。

[ドスランポス]を仕留め終えベースキャンプへ戻ってきた。

キ「全く、前後左右に跳び回りやがって!」

み「そうですね。攻撃が当てにくかったですぅ。」

古「目標が小さいので、一斉に攻撃したら同士討ちしそうですし。」

と愚痴りながら村に帰る準備をする。

はやく休みたいよ…ハルヒは「休む」という言葉をしらないのか?


37 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 19:05:51.28 ID:Njk9JQDO
帰る途中

ハ「武器防具もそろそろ強化しときたいわね!お金はあるけど」

古「素材が揃っていればよいのですが。」

と話を聞きながら、ふと木の影に珍しいキノコが生えてるのが見えた。
そのキノコを採取し、長門に聞こうと見せたところで、

ハ「キョン!有希!置いてくわよ?。」

と急かされ、聞きそびれてしまいポーチに入れといた。


村に着き、自室に帰り着いた俺はベッドに転がった。
走り回って疲れたよ。


また朝比奈さんとアイルーのご飯をいただく。アイルーが2匹に増えており、少し豪勢な食事になっていた。


38 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 19:07:33.97 ID:Njk9JQDO
おいしい食事を食べ終わると

み「そういえば、もう備蓄の[生肉]が少なくなって来たんですよ。」

キ「そうなんですか…(ハルヒと長門が食うからなぁ…)」

ハ「じゃ、取りに行きましょうか!夜のクエストもあったはずよ!」

キ「今からかよ!」

ハ「当たり前じゃない!思い立ったが吉日。って言うしさ。」

…やれやれ

ハ「ということで、準備したらすぐに集合ね♪」


39 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 19:08:45.09 ID:Njk9JQDO
またもやハルヒの素早い手続きにより、すでに[雪山]に着いている。

ハ「今回は[雪山草納品]よ。目的は[生肉]でもあるわ。ついでにこれ!」

と渡されたのは、[ピッケル]である。

ハ「武器や防具を強化するには、鉱石も必要になるから各自で採掘してちょうだい!」

キ「へいへい。」

古「今回は、[雪山草][生肉][鉱石]が目的ということですね。」

ハ「そういうことね♪みんなバラバラに行って、採取しましょう!合流場所は頂上。一番成績の悪い人は罰ゲーム!」

ハルヒはホットドリンクを飲み干すと、「出発♪」と行ってしまった。


40 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 19:10:03.10 ID:Njk9JQDO
続いて古泉と朝比奈さんも走っていった。

長門が[雪山]を見ながら、

長「…雰囲気が違う。天候が悪くなる可能性がある。」

キ「そうか…ならはやく終わらせた方がいいな?」

長「…いい。」

と、長門も走り出した。

俺も急がないとな、罰ゲームは嫌だし。


そうして、採取、剥ぎ取りしながらも頂上を目指していると、雪が降ってきた。
長門が言った通りだ、強くならなきゃいいけどな…。

頂上に着くと、4人はすでに集まっていた。

時間指定はなかったので遅刻とは言われなかったが、嵌められてると疑いたくなるな、全く。


41 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 19:16:44.34 ID:Njk9JQDO
雪も降ってるので、とりあえずキャンプに、とみんなで下山する。

だんだんと吹雪いてきた。
初めて村に行ったときも、と思ったが嫌な予感と一緒に頭から追い出す。

…だが、どんどん吹雪いてきて視界も悪くなる。
すると、あの時と同じ雄叫びが響いてきた。

みんなは驚いていたが、俺は考えるより先に叫んだ!

キ「みんな、走れ!逃げるんだ!」

必死さを感じてくれたのかみんな走り出した。

すると、地響きと共にさっきまで俺達が立ってた場所に、あの影が落ちてきた!

俺達を確認したみたく、威嚇のようにまた雄叫びをあげる。


42 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 19:17:42.69 ID:Njk9JQDO
古「あれは…もしや{ティガレックス}!よく、気付きましたね!」

キ「話は後だ。逃げるぞ!」

全力で逃げる俺達だが、{ティガレックス}はもの凄い勢いで追いかけてきた。
俺達は横に跳び、突撃されるのを回避した。

応戦するしかないのか…
ハルヒも古泉も俺も、隙を見て攻撃する。が、ビクともせず跳ね返された。
そして{ティガレックス}が足で弾き出した岩が、朝比奈さんを襲うが、間一髪、大剣で防いだ。

勝ち目がないな。どうする……

長「あなたのキノコを。」

いつの間にか横にいた長門が声をかけてきた。


43 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 19:22:08.71 ID:Njk9JQDO
キ「?…キノコ?」
不思議に思っていると

長「昼間のキノコをわたしに。」

と言い直してきた。
あれか!思い出して、ポーチから出し手渡す。

問おうとしたが{ティガレックス}に攻撃され、避けるのが精一杯だった。

長門は避けながらも、あのキノコを扱っていた。

長「わたしが囮になる。みんなと逃げて。」

キ「長門だけじゃ無理だ!俺も一緒に…」

長「心配ない。絶対に追い付くから。」

長門は{ティガレックス}に突っ込み、頭部に笛を叩きつけ、怯ませる。

キ「みんな逃げるぞ!」

長門に頼りきりな自分がかなり悔しかった。


44 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 19:22:59.98 ID:Njk9JQDO
ハ「ちょっとキョン!有希は大丈夫なの?」

キ「本人が絶対追い付くから、と言ったんだ…信じるしかない。」

み「長門さん…。」

麓まで一気に駆け降りてきた。あと少しでベースキャンプだな。
頂上の方を振り返る。長門は大丈夫なのか?やはり心配だ…。

古「とりあえずキャンプへ戻りましょう。もしかしたら、待たせてるかもしれませんよ?」

意味がわからなかったが、とりあえずキャンプへ向かった。


そこにはいるはずのない、女の子がいた。

長「……遅刻は罰金。」

そう言った長門は、ハルヒと朝比奈さんにもみくちゃにされた。


45 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 19:23:53.64 ID:Njk9JQDO
古「やはり[モドリ玉]ですか?」

長門はうなずく。

キ「悪いが…さっぱりわかんないんだが…」

ハ「不思議なアイテムよ。使うと一瞬でキャンプに戻れるらしいの!」

み「たしか[ドキドキノコ]と[素材玉]で調合出来たはずです。」

キ「そうか、俺が長門に渡したキノコが!」

古「そのようですね。ですが、あの場面で調合を行う長門さんもすごいですよ。」

長「あなたが持ってなかったら危なかった。…ありがとう。」

一瞬、長門が微笑んだように見えた。


46 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 19:25:16.89 ID:Njk9JQDO
ハ「有希も無事だったし♪戦果報告といきますか!」

とみんなで採取してきたアイテムを確認した。
[生肉]が少なかった俺が罰ゲームだった…。
くそ!村までの荷物持ちって、どんだけ量があるかわかってんのか!



キ「そういや長門。」

長「…なに?」

キ「[モドリ玉]の作り方と効果はわかったんだが…。」

長「……。」

キ「一瞬でキャンプに。ってどんな仕組みなんだ?」

長門はしばらく考えてから、人差し指を口にあて

長「…禁則事項。」

と言った。

…いつか、そのセリフを微笑みながら聞かせてもらいみたいもんだ。


47 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/03/21(土) 19:26:39.93 ID:Njk9JQDO
これで今日は終わりです

ありがとうございました

[ 2009/09/03 11:05 ] SS ハルヒ×モンハン | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(0)

コメントいっぱい書き込んで










管理者にだけ表示を許可する



● みことちゃん を救う会からのお知らせ ●
御坂美琴
みことちゃんは生まれつき帯電体質で
一定期間毎にレールガンを発射しなければ、弱ってしまいます。

レールガンを発射させるには、本人以外の第三者からの
莫大な応援エネルギーがかかります 

みことちゃんを救うために
アニメランキングのクリックや
コメントの書き込みが必要です

どうか読者の皆様ご協力をよろしくお願いします









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。