美容 求人 医師 求人 萌通新聞 長門とキョンは帰れないそうです
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(-)

長門とキョンは帰れないそうです

8ff282e0.jpg

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:10:15.75 ID:XVgNRv5m0

 ビュオオオオオオオオオオオ…


キョン「……」

長門「……」

キョン「……」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:12:13.14 ID:XVgNRv5m0

 ビュオオオオオオオオオオ…


キョン「……」

長門「……」

キョン「止まないな……」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:13:16.48 ID:XVgNRv5m0

キョン「……」

長門「……」


キョン「……なあ」

長門「……なに?」

キョン「どうする?」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:14:28.51 ID:XVgNRv5m0
長門「なにを」

キョン「いや……帰らないのか?」

長門「……」


長門「それは危険」

キョン「……やっぱりそうか?」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:15:42.47 ID:XVgNRv5m0
長門「雪だけでなく、風も強い」

キョン「……」

長門「わたしはともかく、あなたが危険」

キョン「……」


キョン「そっか……」

長門「……」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:17:52.37 ID:XVgNRv5m0

キョン「……」

長門「……」

キョン「じゃあ……どうする?」

長門「……雪と風が止むまでここで待つのが最善」

キョン「でもさ、もう8時だぞ?」

長門「しかたがない」

キョン「……うーんそうかぁ……」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:18:45.52 ID:XVgNRv5m0

 チッ チッ チッ チッ…


キョン「……」

長門「……」

キョン「……」

長門「……」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:19:37.53 ID:XVgNRv5m0

キョン「……」

長門「……」

キョン「……なあ」

長門「なに?」

キョン「あいつら結局買い物行ったまま帰って来なかったけど、大丈夫かな?」

長門「……」


長門「わからない」

キョン「……そっか」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:21:11.35 ID:XVgNRv5m0
キョン「しかしあいつらもついてないな」

長門「……」

キョン「まさかこんなにいきなり吹雪いてくるとはな」

長門「……」


長門「そう」

キョン「……」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:22:28.79 ID:XVgNRv5m0

 ビュオオオオオオオオオオオ…


キョン「……」

長門「……」

キョン「……」


 ペラッ


長門「……」

キョン「……」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:23:30.39 ID:XVgNRv5m0

 ペラッ

キョン「……」

長門「……」

キョン「……なあ長門」

長門「なに?」

キョン「今、どんな本読んでるんだ?」

長門「……」

 スッ

キョン「恋空?」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:24:34.00 ID:XVgNRv5m0
キョン「おもしろいのか?」

長門「……」


長門「わからない」

キョン「……そうか」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:26:45.16 ID:XVgNRv5m0

 ビュオオオオオオオオオオ…


キョン「……」

長門「……」

キョン「……9時か……」

長門「……」

キョン「今日はもうこのまま帰れないかもなー」

長門「……」

キョン「ま、明日日曜だし別にいいけど……」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:27:19.91 ID:XVgNRv5m0

キョン「……」

長門「……」

キョン「……腹減ったな……」

長門「……」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:27:57.27 ID:XVgNRv5m0

 ガサゴソ

キョン「お、あったあった」

長門「……」

キョン「長門、ハルヒの馬鹿が非常食よ! なんつって買い溜めしてきたカップラーメンがあるんだが」

長門「……」

キョン「食うか?」

長門「……」


長門「…食べる」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:28:38.08 ID:XVgNRv5m0

長門「……」

キョン「……」

長門「……」

キョン「……」


長門「2分50秒経過した」

キョン「よし食おう」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:29:45.09 ID:XVgNRv5m0
キョン「ズズーッ」

長門「ズズーッ」

キョン「……」

長門「…なに?」

キョン「いや……ちょっとおもしろかった」

長門「?」


長門「ズズーッ」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:30:37.10 ID:XVgNRv5m0

 ビュオオオオオオオオオ…


キョン「……ふう」

長門「……」

キョン「……」

長門「……」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:31:24.69 ID:XVgNRv5m0

キョン「……」

長門「……」

キョン「……暇だな」

長門「……」


キョン「なあ長門」

長門「なに?」

キョン「オセロでもするか」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:32:16.00 ID:XVgNRv5m0
長門「オセロ?」

キョン「ほら、俺と古泉がよくやってるだろ? これ」

長門「……」

キョン「ルールは簡単だからさ、白と黒で別れて、相手の色の石を自分の石で挟むんだけど……」


キョン「……なんてな。長門がオセロなんてやるわけないか。悪い」

長門「……」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:33:59.87 ID:XVgNRv5m0

キョン「……」

長門「……」


長門「……する」

キョン「ん?」

長門「オセロ」

キョン「……え? オ、オセロやるのか?」

長門「コクリ」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:35:39.82 ID:XVgNRv5m0

 パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ

 パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ

 パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ


長門「……」

キョン「……」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:37:23.30 ID:XVgNRv5m0
キョン「……なんだこりゃ」

長門「なに?」

キョン「いや……だってオセロなのに……オセロなんて誰がやってもたいして差の出るゲームじゃないのにどうして全面黒にされなきゃいけないんだ」

長門「そうでもない。石の置き方は何万通りとある。奥が深い。ユニーク」


キョン「……」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:38:20.31 ID:XVgNRv5m0
キョン「やっぱり長門は長門だなぁ……」

長門「……」


長門「もう一度」

キョン「え?」

長門「もう一度」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:39:32.56 ID:XVgNRv5m0

 パチ、パチ

キョン「……」

長門「……」

 パチ、パチ

キョン「……」

長門「……」


キョン「……何回やった?」

長門「これが18度目の勝負」

キョン「0勝18敗か……」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:42:44.08 ID:XVgNRv5m0

 パチ、パチ

キョン「……」

 パチ、パチ

長門「……」


 テッテッテテテテーッテッテテ


キョン「?」

キョン「長門、ちょっとすまん」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:45:25.75 ID:XVgNRv5m0

 ピッ

キョン「はいもしもし」

ハルヒ「あ、もしもしキョン!? あんた今どこにいんの!?」

キョン「あ、ハルヒか?」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:46:19.32 ID:XVgNRv5m0
キョン「おまえ、っていうかみんな大丈夫だったか? 今どこだ?」

ハルヒ「あたしは今やっと家に帰ってきたところだけど……あたしのことはいいのよ、あんたは今どこにいるの?」

キョン「俺? 俺は今学校だけど……」

ハルヒ「学校!? ってことはやっぱりあのまま帰ってないわけ!?」

キョン「ああ」

ハルヒ「え、それじゃあもしかして有希もそこにいるの?」

キョン「ああいるよ」


長門「……」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:49:06.89 ID:XVgNRv5m0
ハルヒ「な、何それ。じゃあ今あんた部室で有希と二人っきりってこと?」

キョン「うん……まあそうだな」

ハルヒ「ちょっと! 何やってんのよあんたたち! あんた有希に変なことしてないでしょうね!? なんかあったら死刑よ! 死刑!」

キョン「おい、馬鹿なこと言うな。そんなことするはずないだろ」

長門「……」


ハルヒ「……ダメね。やっぱりあたしもそこ行くわ。これはSOS団の風紀に関わることだから」

キョン「な、今から学校まで来る気か? この吹雪の中?」


長門「……」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:50:57.06 ID:XVgNRv5m0
キョン「やめとけって馬鹿。そこまでして来てどうすんだよ」

ハルヒ「どうするも何もあんたのこと見張らなきゃ……それにね、このくらいの雪なんてことないんだから……きゃあっ!!」

ハルヒ「!? お、おいハルヒ、どうした!?」

ハルヒ「な、なにこれ……外に出た途端にいきなり風が強く……きゃああっ!」


 プッ、ツー ツー ツー…


キョン「……」

長門「……」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:53:52.17 ID:XVgNRv5m0
キョン「な、なんだ今の……大丈夫かよあいつ……」

長門「……」

キョン「……」

長門「……」


キョン「……俺、ちょっと行ってくるわ」

長門「……やめておいたほうがいい」

キョン「え?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 00:57:27.02 ID:XVgNRv5m0
長門「今あなたが外に出たらあなたが危険」

キョン「で、でも……」

長門「涼宮ハルヒが連絡を絶ったのは自宅を出てから10秒程度しか経っていなかった。心配は無用」

キョン「……」


長門「……きっと平気」

キョン「……」


キョン「……ん、ま、まあ……長門がそう言うなら……大丈夫か……」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:01:26.89 ID:XVgNRv5m0

 チッ チッ チッ チッ…

キョン「……」

長門「……」

キョン「……」

長門「……」


長門「……心配?」

キョン「え?」

長門「涼宮ハルヒのこと」


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:04:09.17 ID:XVgNRv5m0
キョン「ん、いや……別に……」

長門「……」

キョン「……ま、心配って言えば心配だけどな」

長門「……」


長門「そう」

キョン「……」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:11:46.54 ID:XVgNRv5m0

長門「……」

キョン「……」

長門「……涼宮ハルヒは一般の人間とは異なっている。でも彼女自身が危険に晒されるということはない」

キョン「え?」


長門「だから平気」

キョン「……」


キョン「……ん、そうだよな。あいつなんたって神様だからな」

長門「……」

キョン「心配は無用か」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:13:31.35 ID:XVgNRv5m0

 ビュオオオオオオオオオオ…


キョン「……」

長門「……」

キョン「……」

長門「……」


キョン「……すっかり夜中になっちまったな……」

長門「……」


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:14:17.47 ID:XVgNRv5m0

 チッ チッ チッ チッ…

キョン「……」

長門「……」

キョン「……」

長門「……」


キョン「あ」

長門「?」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:17:23.12 ID:XVgNRv5m0
キョン「そういえばさ長門」

長門「?」

キョン「ちょっと聞きたいことがあったんだけど」

長門「なに?」


キョン「その……おまえさ、前は眼鏡かけてたろ」

長門「……」

キョン「あれ、なんではずしたんだ?」

長門「……」


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:18:56.34 ID:XVgNRv5m0
長門「……」

キョン「……」

長門「かけない方がいいと言った」

キョン「誰が?」

長門「あなた」

キョン「あ……」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:21:24.93 ID:XVgNRv5m0
キョン「そ、そっか……」

キョン「……」

キョン「(……やっぱり……あの時のあれを気にしてくれていたのか……)」


キョン「……」

キョン「……あのさ、長門」

長門「なに?」

キョン「あの……ちょっとお願いがあるんだけど」


89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:23:52.61 ID:XVgNRv5m0
キョン「そのな。前に眼鏡つけてない方がかわいいとか、言ったのにあれなんだが……」

長門「……」

キョン「……もう一回だけ、眼鏡つけてみることできないか? ちょっとでいいんだ」

長門「……」


長門「どうして?」

キョン「あ、いや、その……」

長門「……」

キョン「……なんというか……本当に自己満足的なお願いなんだが」

長門「……」


長門「待って」


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:26:29.53 ID:XVgNRv5m0

 キュイイイン…


キョン「……」

長門「……できた」

 クルッ

キョン「……!」


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:27:46.24 ID:XVgNRv5m0
キョン「……」

長門「……」

長門「……どうしたの」

キョン「あ、い、いや……」


キョン「な、長門。もう一つだけ……」


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:29:15.71 ID:XVgNRv5m0
キョン「ちょっと……後ろから、俺の袖引っ張ってみてくんないか?」

長門「……?」

キョン「頼む。軽くでいいから」

長門「……」


長門「わかった」

 クイッ

キョン「……」


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:30:21.39 ID:XVgNRv5m0
キョン「……」

長門「……」

キョン「……ズズッ」

長門「……どうしたの」

キョン「あ…いや…ごめん。ズズッ。なんでもない…」

長門「……」


キョン「サンキューな、長門」

長門「……」


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:32:05.04 ID:XVgNRv5m0

 チッ チッ チッ チッ…

キョン「……」

長門「……」

キョン「……」

長門「……」


キョン「もう一時半か……」

長門「……」


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:33:19.18 ID:XVgNRv5m0
キョン「……」

長門「……」

キョン「……じゃ」

長門「……」


キョン「そろそろ寝るか、長門」

長門「……そう」


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:35:11.57 ID:XVgNRv5m0

 ガサゴソ

キョン「……あれ」

長門「?」

キョン「おかしいな、非常用の毛布が1枚しかない。もう1枚くらいたしかどっかに置いてあったと思うんだが……」

長門「……」


キョン「まあいいや。長門、使えよ。俺は我慢するからさ」

長門「……」


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:37:34.43 ID:XVgNRv5m0

長門「……」

キョン「じゃ、電気消すぞ。いいか?」

長門「いい」

キョン「ん」


 カチカチッ


キョン「……おやすみ長門」

長門「……」


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:39:27.94 ID:XVgNRv5m0

 ビュオオオオオオオオオオオ…


キョン「……」

長門「……」

キョン「……」


キョン「……」

キョン「(……寒みい……)」

キョン「ガチガチガチガチ……」


長門「……」


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:41:49.01 ID:XVgNRv5m0

 ゴソッ

キョン「……?」

長門「……」

キョン「……長門?」

 スッ…

長門「……入って」

キョン「……え?」


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:43:30.78 ID:XVgNRv5m0
長門「入って」

キョン「え、え? で、でも……」

長門「早く」

キョン「う……」


キョン「い、いいのか? 本当に」

長門「いい」

キョン「ほ、本当か? 本当にいいのか? 知らんぞどうなっても」

長門「大丈夫」

キョン「……」


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:45:13.87 ID:XVgNRv5m0
キョン「……」

長門「……」


キョン「……じゃあ……」

長門「……」

キョン「……お言葉に甘えて失礼します」

長門「……」


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:46:40.69 ID:XVgNRv5m0

 ビュオオオオオオオオオオオ…


キョン「……」

長門「……」

キョン「……」

長門「……」


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:48:36.53 ID:XVgNRv5m0
キョン「……」

長門「……」

キョン「……こうやってさ」

長門「?」

キョン「二人で入ってると……やっぱり一人よりもあったかいな……」

長門「そう」

キョン「……」


138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:49:48.89 ID:XVgNRv5m0

 ビュオオオオオオオオオオオ…


キョン「……」

長門「……」

キョン「……」

長門「……」


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:51:53.17 ID:XVgNRv5m0

─────


 チュンチュン… チュン…

キョン「ふぁああ……」

キョン「うーん……ん、もう朝か……あ」

キョン「おい、おい長門、長門起きてみろよ」

長門「起きてる」

キョン「わっ……び、びっくりした……」


150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:54:20.14 ID:XVgNRv5m0
キョン「なんだおまえ、やっぱり宇宙人ってのは眠ったりしないもんなのか?」

長門「一般的な人間よりは少ないが多少の睡眠は取る」

キョン「あ、そう……」

長門「……」

キョン「それよりさ、ほら。見てみろよ外、晴れてるぞ。これでようやく俺達も帰れるな」

長門「……」


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:57:31.59 ID:XVgNRv5m0

 テク テク…


キョン「うーむ、昨日の猛吹雪が信じられないくらいの快晴だなー」

長門「……」

キョン「……でもおかしいよな」

長門「なにが?」

キョン「だってよ、昨日天気予報じゃああんなに天候崩れるなんて一言も言ってなかったんだぜ。1日中晴れのはずだったのに」

長門「……」


長門「そう」


158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 01:59:37.56 ID:XVgNRv5m0

キョン「……」

長門「……」

キョン「……長門、おまえさ……」

長門「なに?」


キョン「……ん、いや、なんでもない」

長門「そう」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 02:00:52.34 ID:XVgNRv5m0

「……! …っ!」


キョン「……ん?」

ハルヒ「…っと! ちょっとあんた達!」

キョン「げ…は、ハルヒ…」

長門「……」


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 02:04:33.17 ID:XVgNRv5m0
ハルヒ「はあっ、はあっ、はあっ」

キョン「なんだおまえ……わざわざここまで走ってきたのかよ。昨日大丈夫だったか?」

ハルヒ「はあっ、はあっ……あたしのことは……どうでもいいのよっ! 有希!」

長門「……」

ハルヒ「有希、 大丈夫だった!? 昨日こいつに何もされなかった!?」

長門「……」


長門「されてない」

ハルヒ「な、何よ今の間は!」

キョン「……」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 02:05:34.49 ID:XVgNRv5m0
ハルヒ「あんたねっ…あれだけ言ったのに有希に手出したんじゃないでしょうね!?」

キョン「なっ…出すか! 決して出してないぞ! 神に誓って俺は何もしてない!」

長門「……」

ハルヒ「怪しい…動揺してる。やっぱりあんた何かしたんでしょ!」

キョン「だからしてないって…痛っ! やめろこの馬鹿!」

ハルヒ「待てこの馬鹿キョン! 死刑にしてやる!」

キョン「やめろーっ……」


長門「……」


177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/11/25(日) 02:06:43.88 ID:XVgNRv5m0

[ 2009/09/02 21:35 ] SS 涼宮ハルヒの憂鬱 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(0)

コメントいっぱい書き込んで










管理者にだけ表示を許可する



● みことちゃん を救う会からのお知らせ ●
御坂美琴
みことちゃんは生まれつき帯電体質で
一定期間毎にレールガンを発射しなければ、弱ってしまいます。

レールガンを発射させるには、本人以外の第三者からの
莫大な応援エネルギーがかかります 

みことちゃんを救うために
アニメランキングのクリックや
コメントの書き込みが必要です

どうか読者の皆様ご協力をよろしくお願いします









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。