美容 求人 医師 求人 萌通新聞 梓「しゃぶれよ」 唯「」その4(完結)
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(-)

梓「しゃぶれよ」 唯「」その4(完結)

23rg62393.jpg


梓「しゃぶれよ」 唯「」
梓「しゃぶれよ」 唯「」その2
梓「しゃぶれよ」 唯「」その3
梓「しゃぶれよ」 唯「」その4

本編の続きは↓
857 名前:ぶっちゃけ後は憂倒したら終わりなんだけど[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 00:30:44.70 ID:vKJ+rWTU0
ガチャ


律「ただいまー」

紬「りっちゃん、澪ちゃん!遅かったわね」

唯「おかえりー……って、のどかちゃん!?」

澪「あ、これは……」

和「……ぅ…ぐ……」

律「気が付いたか?」

和「……はっ!こ、ここは」

和「唯!!!」

唯「のどかちゃ?ん!」ギュウ

紬「でもどうして?何があったの?」

澪「憂ちゃんだよ。和にも矢じりを使ってたんだ」

唯「え!!そ、そうなの!?」

和「……ええ…」コクリ


859 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 00:32:27.54 ID:vKJ+rWTU0
律「和、一応言っておくけど私達は全員力を使えるからな」

和「……大丈夫よ、もうあなた達に危害を加える気は無いわ……」

唯「もう?」

澪「じ、実は和と聡二人と戦ったんだ」

唯「えぇぇええぇえ?っ!?ほ、ほんとなののどかちゃん!」

和「う、うん……」

律「まぁもう済んだ事だ。誰にだって気の迷いはあるから」

和「律……」

律「それよりも憂ちゃんだよ。和何か憂ちゃんの事で知ってることないか?
  例えばその……憂ちゃんの能力について、とか」

和「憂は私達の事を引き入れはしたけど仲間でなくあくまで手駒として見ていたわ…
  自分の手の内を明かすことはなかった」

澪「そ、そうか……結局謎のままなのか」

和「ただ……」

紬「ただ…?」

和「私達が自分の力を把握しようとしている時に、誤って憂に向かって
  聡君が力を放ってしまったのよ」

862 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 00:35:53.34 ID:vKJ+rWTU0
和「でも憂はまるで“そうなるのが分かっていたかのように”すんなりとかわしたわ。
  私も聡君も攻撃してしまった事に驚いていたけど、憂は顔色一つ変えていなかった」

律「……」

澪「…そ、そういえば」

律「あぁ。確か前もあったよな、そんなこと。些細な事だったから皆覚えてるか分からないけど」

紬「唯ちゃんが梓ちゃんに抱きつこうとした時の?」

唯「え?」

律「止めようとした、ぐらいならどうも思わなかったけど…完全に体割って入ってたもんな」

澪「まるで“分かってたみたいに”だろ」

和「憂の能力は未来を予知する能力……?」

紬「でもそれじゃあ澪ちゃんが逃げられた理由が分からないわ」

澪「そ、そうか。そうだよな……」

律「いずれにしても迂闊に近寄れない力だな……でも私のデコーズも進化したんだ。
  射程距離に入って一発当てられさえすればなんとかできる自信はある」

唯「デコーズまた進化したの!?すごい!いいなーりっちゃん」

律「部長だからな!ははは!!」


869 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 00:50:00.19 ID:vKJ+rWTU0
和「とりあえず私はもう帰るわ。悪かったわね、澪……」

澪「い、いいよ。正直なにされたのかよく覚えてないし!」

唯「のどかちゃん大丈夫?」

和「大丈夫よ唯」

律「何かったら知らせてよ。すぐ行くよ」

和「ありがとう、律」

和「じゃあね皆……皆も気をつけてね」ガチャ

バタム





和「……」カチカチ

和「……あ、憂?唯を見つけたわ」

和「ええ。……ええ、そう。じゃあ待ってるから」

ピッ

和「……ごめんね唯……」


898 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 01:48:51.87 ID:vKJ+rWTU0
・・・

唯「ところで和ちゃんの能力ってどんなのだったの?」

澪「」ビクッ

澪「聞こえない聞こえない聞こえない聞こえない」ブルブル

律「あぁ、なんかいかにも生徒会って感じのクソ真面目なのだったよ」

唯「へー!聡くんは?」

律「……ごめん、あれは口にしたくもない」

ブーンッ! ブーンッ!

澪「あれ。メールだ」

澪「ん?和だ」

律「え、何て?」

唯「見せて見せて」


唯律澪紬「…………!!!」


900 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 01:50:24.19 ID:vKJ+rWTU0
――――

唯「はっ…!はっ…!はっ…!」タッタッタッ

澪「はぁっ…!ど、どういうことなんだよっ…一体っ…!」タッタッタッ

律「分からない…分からないけどっ……!」タッタッタッ

―――

和「……」


憂「和さん」

和「憂。早いわね」

憂「……お姉ちゃん。見つけたんですね」

和「ええ、見つけたわ」

憂「それでどこにいるんです?」

和「……(澪、そろそろかしら)」

和(ちゃんと憂ちゃんから隠れていてよ……)

憂「……クサいですね。どうも」

和「!!」


901 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 01:51:54.36 ID:vKJ+rWTU0
和(唯っ、ごめん……私、とても大丈夫なんて言って戻れそうにないけどっ……)

和(せめて憂の力が何なのか、その一端ぐらいは掴んでみせるから!!)

和「憂っ!!」

憂「『一度m』」
唯「のどかちゃーーーんっ!!」

憂「!? お、お姉ちゃんっ!?」

和「え!? な、なんで他の皆までっ……」

和「くそ!憂ぃいーーーッ!!『私語は厳禁』、『減点1』ィーーッ!!」ドゴム!

憂「!!? うっ…!」

憂「この程度でぇっ…やっとお姉ちゃんに会えたんだ! 黙っててよッ!!」ボッ

ズドンッ!

和「ごはっ……!」

憂「お姉ちゃん待っててよ、他の連中もすぐ片付けて……すぐ二人きりになれるからね!」


902 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 01:53:10.09 ID:vKJ+rWTU0
和「ぅぐ……」ガシ

憂「離せっ!」ズドム!

和「ぁぐっ!」

律「和ぁーっ!!食らわせろACT3ィーーーーッ!!!!」

憂「っ!……(殴った方が早いッ!)」

憂「無駄なんだよーッ!」ドバン!

律「ぅあっ!」

ビシィ

憂「!?」

ACT3『S・H・I・T!食ラワセマシタガコノママフットベバ射程外、キャンセルデス』

律「くそっ…… …!?(い、今の思考は!)」

ACT3『射程外デス、解除サレマス…Ass fuckin'』

律「あっ!?」ズザッ

憂「……はぁっ…はぁっ…」

904 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 01:54:52.34 ID:vKJ+rWTU0
唯「う、うい!もうやめてよ!」

憂「……お姉ちゃん…」

律(……)

憂(全員揃われた。どうする?今戻すとどこまでなんだ……興奮して言いすぎた、クソッ)

律(は、早く言え……次だよ、次ッ!)

憂(……とりあえず、もd)
澪「和ぁーーーっ!!」ダッ

律「ばっ、やめろ澪今刺激するなッ!!憂ちゃんの能力は(言うしかないっ!)」

律「過去3回までの『お姉ちゃん』って発言のポイントに戻る能力なんだぁーーーっ!!」

澪唯紬「!!」

憂「な、何っ!?」

憂「(くそ、とりあえず戻る!)『いt』」

律「っ!唯ごめんッ!!」バッ
唯「え!? んむっ!」

ズキュゥウウウウ?ンッ!!

憂「!!?!?!??」


906 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 01:58:54.39 ID:vKJ+rWTU0
憂「な……」

憂「何お姉ちゃんにキスしてんだこのデコ助野郎ォオーーーーーッ!!!!!!!!!」


憂「あっ」

律(に…二度目!だめだあと一回足りない……!)

憂「く、くそ……(まだ二回目!今戻せばバレる前に戻れる!戻ってデコを即座に潰すんだッ!!)

律「だめだもう手がn」
憂「ここまでだよ!『一度目』だッ!!」

律「!!ちくしょ…」


ズキュウウウウウン!!

――――



憂「……よしッ!」

唯「んむっ…」



憂「え」


910 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 02:05:43.98 ID:vKJ+rWTU0
憂「!!??キ、キスしてるっ!!」


憂(え、何……なんでッ!?わ、私の能力……私は1度目を指定したはず!!でもこれは……)


憂「なんで『二度目』に戻ってンだァーーーーッ!!?!?」


律「!?も、戻ったって?……今戻ったのか!?これっ……」


憂「なんで…!どうして!?ち、力の一部が縛られてる……!?」

和「…………」



┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨



――減点1――。


和(……唯…皆………わ、私の意識…もう少しだけ持って……)


919 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 02:30:35.80 ID:vKJ+rWTU0
澪「か、過去に戻れる能力だってッ……?」

紬「そんなことが……」

憂「……」

律「現に今そういう風な発言をしたろッ、憂ちゃんが!」

唯「でもそんなのどうすればいいの……?」

律「言わせなければいいって話ではあるけどっ……!」

憂「……(澪さんは消える力、お姉ちゃんは多分アイスにする力)」

憂(デコ……デコは何だか分からないけど、私の考えを読まれた……
  紬さんはまったく検討もつきやしないっ……!)

憂「……『お姉ちゃん』」

律「! ポイントを更新したぞ!」

唯「ど、ど、どうなるの?」

澪「し、仕掛けない限りは何も変わらない……はずだ」


920 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 02:38:15.79 ID:vKJ+rWTU0
紬「……行くわ」ザッ

憂「!!」

律「お、おいムギっ、ムギは」
紬「シッ!」

律「! まさかムギ……」

紬「……」コクッ

紬(私の能力……この場じゃ私はただの人に等しい……でも、憂ちゃんはまだ私の能力が分かっていない)

紬「私は私に出来ることをする」ズイッ!

憂「く、来る!(戻すか!?でも紬さんの能力が何なのかも分かってない……せめて確認はしておきたい!)」

紬「……」ズンズン

憂(何もしてこない…ただ近付いてくるだけっ!?ど、どうする…どうする…!とりあえず攻撃ッ!?)ピクリ

紬「いつでもどうぞ」

憂「!!」

憂(どういうこと!?こ…攻撃できるの?これは攻撃してもいいの!?どっちなんだよーッ!!!)

憂「うううううっ……!」ブルブル


929 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 03:08:58.84 ID:vKJ+rWTU0
ズンッ…


紬「……」

憂「……(め、目の前にッ……)」

紬「……」チラリ(どっちだろう……)

律「ムギ……!」

唯「ぅう……」

澪(……)


憂「……く、くそッ!(多少のカウンターは覚悟の上でッ!食らっても耐えて“戻す”!!)」ギャンッ!

紬「……!リリーッ!!」ドザンッ!

憂「何…虫っ!?見えな……」
紬「私の勘、当たっててっ!!」ズボッ

紬「“あった”ッ!!ゆ、唯ちゃんりっちゃん……澪ちゃんでも!誰でもいいからッ!!」ブンッ

紬(私が見つけたレポートメモ……そこに記されていた矢じりのもたらした別の効果!)

律唯「!?これは……!」パシッ


930 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 03:10:00.28 ID:vKJ+rWTU0
憂「鬱陶しいッ、こんなものォーっ!!」ズバッ バシィ!

紬「“矢じり”でもう一度“自分を傷付けて”ッ!!」

唯「わ、分かったよ!りっちゃん私がやるっ!!」グッ

憂「戻す!『一d』 んむっ!?」ガシィ

澪「させないぞっ……!」

憂「!!(き、消えてたの……!?だからってェーっ!!)」ズド バンッ!

澪「ぐぇっ!」ドサッ

憂「ぷはっ! 『一度目』だぁーッ!!!」

律「!!!」


シーン…


憂「……な……」


931 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 03:10:46.57 ID:vKJ+rWTU0
律「?っ……!? あ、あれ…今確かに力を……」

憂「戻らない!?」


唯「あふぁはふ…」モグモグ


律「えっ…ゆ、唯……何アイス食ってんだよこんな時にっ……!
  …っていうかいつのまにアイスなんか作ったんだ!?」



┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨



唯「おいひい」モグモグ





934 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 03:18:33.68 ID:vKJ+rWTU0
憂「……『一度目』!!!」


シーン…


律「……や、やっぱり何も…」

ピキキ

憂「!?」

律「……あっ!?」

唯「うまひ」モグモグ


律「また……な、何してんだ唯……」

紬「……どうやら賭けには勝ったみたいね」

律「賭け?ムギ、何が起きたんだ?これは」

紬(絶望的な状況で本人が矢に再度貫かれた時、その状況を打破する新たな力が発現したケースがあった、
  と……レポートにはそう記されていたわ……)

紬「恐らく唯ちゃんは戻されるはずの時間をアイスにして食べてるのよ」


律「は?」

938 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 03:28:12.45 ID:vKJ+rWTU0
憂「そんなこと出来るわけっ……」

紬「私達のこの力、それが既に自然の摂理を超越していると思うけど」

澪「……ぅっ…」

律「! 澪、大丈夫か!?」

澪「う、うん……い゛っ!…ハァハァ……」ヨロッ

憂「…………」

憂「『二度目』!!」

ピキキキ…

唯「ふぁふは」モグモグ

紬「無駄よ憂ちゃん、もうその力は封じられたわ」


憂「……」


憂「だからどうしたってンですかァーーーーッ!!!!!」ドギャンッ!!


944 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 03:38:27.21 ID:vKJ+rWTU0
律「ACT3ッ!!」

ビシィ!

憂「うっ」

律「……悪いけど、戻れないなら簡単だよ」

憂「うぅ……」

澪「う、憂ちゃんもう諦めようよ……」

憂「いやだ……いやだよ、お姉ちゃん……」

唯「うーいぃ??」

憂「お姉ちゃん……」

唯「うい……」


945 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 03:41:27.47 ID:vKJ+rWTU0
唯「ういっ!!!」

憂「っ!」ビクッ

唯「ういだいすきだよ!だいすきなんだ!!」ギュウッ

憂「お、おねひゃっ…//」

澪「私も大好きだ憂ちゃん!」ガバッ

憂「みおさ…ぁう//」

紬「私もよ!憂ちゃんっ!!」ガッバ

憂「た…た…たくあ……//」

律「ワタシも、ダイスキダー!」パッショーネ

憂「デコさん…皆……私も皆さんが大好きですっ…!」

憂「ごめんなさい…本当にごめんなさい……!!」


946 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 03:42:11.21 ID:vKJ+rWTU0
・・・


梓「…………」チラ

聡「……うぅ……いってェ… ……あ」チラ

聡「ど、どうも同部屋患者の田井中聡です」

梓「田井中……律先輩の弟さんか何かですか?」

聡「え、姉を知ってるんですか?」

梓「私軽音部員だから……」

聡「そ、そうなんですか!(カワイイ…出会いの予感……!)」

梓「……(なんかイカくさい…)」

梓「そうだ。先輩達のお見舞いでアイスがあったんだ。そこのクーラーボックスに…」ガサガサ

梓「はい」スッ

聡「い、いいんすか?あざっす!」

梓「しゃぶれよ」



-完-

949 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 03:44:33.53 ID:vKJ+rWTU0
すいませんでしたッ!憂が狂いすぎて収拾つきませんでしたッ!!

あと唯のはレクイエムというか吉良のバイツァ的なあれだったんだけど
あれもレクイエムの一種なのかな?
漫画しか読んでないからその辺の解釈が曖昧です


950 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 03:45:01.18 ID:Ub4+w0i8O
ちょwwwスレタイ無理矢理wwwww




951 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 03:45:30.14 ID:4U0TxwRQ0
これで眠れるぜ!

954 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/21(金) 03:46:24.98 ID:2vQ+cpONO
ぶっちゃけ全然面白かった


やっぱりバイツァってレクイエムだよな?


956 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/21(金) 03:46:50.27 ID:Pp4ikjsR0
乙wwww
まさか最後の最後で回収するとはwwww

本当にお疲れさまでした!



23rg62393.jpg


[ 2009/08/22 18:30 ] SS けいおん! | このエントリーを含むはてなブックマーク | コメント(2)

142 名前: 萌えっ娘。名無しさん 投稿日:2009年08月23日 06:51
スレタイ釣り過ぎワロタ


8438 名前: 萌えっ娘。名無しさん 投稿日:2010年10月06日 23:03
タイトルで損し過ぎw
ジョジョネタのだと解ればすぐ読んでたのに

まあオモロかった乙!


コメントいっぱい書き込んで










管理者にだけ表示を許可する



● みことちゃん を救う会からのお知らせ ●
御坂美琴
みことちゃんは生まれつき帯電体質で
一定期間毎にレールガンを発射しなければ、弱ってしまいます。

レールガンを発射させるには、本人以外の第三者からの
莫大な応援エネルギーがかかります 

みことちゃんを救うために
アニメランキングのクリックや
コメントの書き込みが必要です

どうか読者の皆様ご協力をよろしくお願いします









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。